HOME 海外

2023.03.04

女王ティアムが五種5055点の室内世界新で3連覇!インゲブリグトセン2大会連続2冠へ好発進/欧州室内選手権
女王ティアムが五種5055点の室内世界新で3連覇!インゲブリグトセン2大会連続2冠へ好発進/欧州室内選手権

2023年欧州選手権女子五種競技で室内世界新をマークしたティアム(ベルギー) 写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

◇第37回欧州室内選手権(3月2日~5日/トルコ・イスタンブール)

第37回欧州室内選手権の1日目(2日は予選のみ)が行われ、女子五種競技でナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)が5055点の室内世界新記録を樹立した。

広告の下にコンテンツが続きます

屋外の七種競技で五輪連覇、世界選手権は昨年のオレゴン大会を含む2度の優勝と現「クイーン・オブ・アスリート」に君臨するティアムは、60mH8秒23、走高跳1m92、砲丸投15m54と午前セッションの3種目でハイレベルの記録をマーク。

午後セッションも走幅跳6m59、800m2分13秒60にまとめ、2012年にナタリア・ドブリンスカ(ウクライナ)が作った従来の世界記録5013点を42点塗り替え、3連覇を達成した。「すべてが完璧だったというわけではないなかで世界新を出せたことは、自信になります。走高跳や走幅跳はもっといけると思う」とティアムは、屋外シーズンへの手応えを口にした。

2位のアドリアナ・スレク(ポーランド)も5014点で従来の世界記録を1点上回った。

男子1500mは五輪王者のヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分33秒95の大会新で快勝。2大会連続の3000mとの2冠を懸けて、最終日の3000mに挑む。

広告の下にコンテンツが続きます

女子60mはムジンカ・カンブンジ(スイス)が7秒00の大会タイで制覇。昨年の世界室内選手権チャンピオンとしての貫禄を見せた

男子三段跳は前日の予選で17m48をジャンプするなど好調だったペドロ・ピチャルド(ポルトガル)が、決勝も今季世界最高の17m60で圧勝。世界選手権連覇を狙う屋外シーズンに向けて弾みをつけた。

◇第37回欧州室内選手権(3月2日~5日/トルコ・イスタンブール) 第37回欧州室内選手権の1日目(2日は予選のみ)が行われ、女子五種競技でナフィサットゥ・ティアム(ベルギー)が5055点の室内世界新記録を樹立した。 屋外の七種競技で五輪連覇、世界選手権は昨年のオレゴン大会を含む2度の優勝と現「クイーン・オブ・アスリート」に君臨するティアムは、60mH8秒23、走高跳1m92、砲丸投15m54と午前セッションの3種目でハイレベルの記録をマーク。 午後セッションも走幅跳6m59、800m2分13秒60にまとめ、2012年にナタリア・ドブリンスカ(ウクライナ)が作った従来の世界記録5013点を42点塗り替え、3連覇を達成した。「すべてが完璧だったというわけではないなかで世界新を出せたことは、自信になります。走高跳や走幅跳はもっといけると思う」とティアムは、屋外シーズンへの手応えを口にした。 2位のアドリアナ・スレク(ポーランド)も5014点で従来の世界記録を1点上回った。 男子1500mは五輪王者のヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分33秒95の大会新で快勝。2大会連続の3000mとの2冠を懸けて、最終日の3000mに挑む。 女子60mはムジンカ・カンブンジ(スイス)が7秒00の大会タイで制覇。昨年の世界室内選手権チャンピオンとしての貫禄を見せた 男子三段跳は前日の予選で17m48をジャンプするなど好調だったペドロ・ピチャルド(ポルトガル)が、決勝も今季世界最高の17m60で圧勝。世界選手権連覇を狙う屋外シーズンに向けて弾みをつけた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top