HOME 海外

2023.02.18

400m世界王者マイケル・ノーマンが100mに本格挑戦「時が来た」自己ベストは9秒86
400m世界王者マイケル・ノーマンが100mに本格挑戦「時が来た」自己ベストは9秒86

マイケル・ノーマン(米国)

昨年のオレゴン世界選手権男子400mを制したマイケル・ノーマン(米国)が、今シーズンから100mに本格的に参戦することを表明したと、米国NBCスポーツが報じている。

ノーマンは400mで世界歴代4位タイの43秒45を持つ25歳。母は1989年に100mで日本中学記録(11秒96)を樹立した伸江さん(旧姓:斎藤)。ジュニア時代から200mや400mを中心に活躍してきたが、早くから100mの才能も認められてきたといい、「400mで目標を達成したら、100mに転向するという考えは常に持っていた」と語っている。

200mでは19秒70、20年に100mでも9秒86をマーク。400mの世界記録保持者であるウェイド・ファン・ニーケアク(南アフリカ)に次ぎ、この3種目で44秒切り、20秒切り、10秒切りをすべて達成した史上2人目のスプリンターとなった。

なお、フレッド・カーリー(米国)が3人目の達成者となったが、カーリーもまた400mから100mへと舞台を移し、昨年のオレゴン世界選手権で金メダルを獲得している。

今シーズンは100mを主戦場とし、大きなターゲットとなる来年のパリ五輪に向けて「準備期間」と位置づけている。100mについて「世界が注目するレース」と言い、「全盛期を迎えていると感じている。その時が来た」と挑戦への決意を述べている。

ブダペスト世界選手権での100m、4×100mリレー、4×400mリレー3つの金メダルがターゲット。そのために、400mも出走して代表入りをアピールする構えだ。

もし100mで代表入りできなくても、400mではワイルドカード(ディフェンディング・チャンピオン)として世界選手権に出場できる。「100mでメダルや記録更新を目指し、新しいことに挑戦し始めることができる」と、新たな挑戦に楽しみな様子を見せている。

昨年のオレゴン世界選手権男子400mを制したマイケル・ノーマン(米国)が、今シーズンから100mに本格的に参戦することを表明したと、米国NBCスポーツが報じている。 ノーマンは400mで世界歴代4位タイの43秒45を持つ25歳。母は1989年に100mで日本中学記録(11秒96)を樹立した伸江さん(旧姓:斎藤)。ジュニア時代から200mや400mを中心に活躍してきたが、早くから100mの才能も認められてきたといい、「400mで目標を達成したら、100mに転向するという考えは常に持っていた」と語っている。 200mでは19秒70、20年に100mでも9秒86をマーク。400mの世界記録保持者であるウェイド・ファン・ニーケアク(南アフリカ)に次ぎ、この3種目で44秒切り、20秒切り、10秒切りをすべて達成した史上2人目のスプリンターとなった。 なお、フレッド・カーリー(米国)が3人目の達成者となったが、カーリーもまた400mから100mへと舞台を移し、昨年のオレゴン世界選手権で金メダルを獲得している。 今シーズンは100mを主戦場とし、大きなターゲットとなる来年のパリ五輪に向けて「準備期間」と位置づけている。100mについて「世界が注目するレース」と言い、「全盛期を迎えていると感じている。その時が来た」と挑戦への決意を述べている。 ブダペスト世界選手権での100m、4×100mリレー、4×400mリレー3つの金メダルがターゲット。そのために、400mも出走して代表入りをアピールする構えだ。 もし100mで代表入りできなくても、400mではワイルドカード(ディフェンディング・チャンピオン)として世界選手権に出場できる。「100mでメダルや記録更新を目指し、新しいことに挑戦し始めることができる」と、新たな挑戦に楽しみな様子を見せている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top