HOME 国内

2023.02.14

七種競技・丸山優真 金メダルに喜びも「室内日本記録出せず悔しい」十種でもアジアの頂点から世界目指す
七種競技・丸山優真 金メダルに喜びも「室内日本記録出せず悔しい」十種でもアジアの頂点から世界目指す

アジア室内男子七種競技を制した丸山優真

アジア室内選手権の日本代表選手が2月14日、カザフスタン・アスタナから帰国してメダリストが会見に応えた。

男子七種競技を5801点で制して金メダルを手にした丸山優真(住友電工)は、競技を終えてすぐの離陸だったため金メダルをカバンの奥底に。「どこにやったかな」と探す一コマもあったが、無事に見つけて首からさげた。

高校3年生の時に、初めて十種競技に出場して金メダルを取ったアジアジュニア選手権以来のアジア制覇に笑顔を見せる。

だが、競技全体を振り返ると「取りこぼしが多かった」と丸山。60mハードルは7秒台(7秒96)を出し、砲丸投はベストとなる13m54と手応えをつかんだが、他は「まずまず」。

ラストの1000mで2分43秒を出せば室内日本記録だったが、3秒ほど足りなかった。フィニッシュ後は「金メダルを取ったことより、記録を出せなかったことが悔しい」と振り返る。

それでも、復活への大きな一歩を刻んだ。高校時代から混成競技の大器として期待を集め、八種競技高校新、十種競技のU20日本最高記録と着実にステップアップ。だが、胸椎分離症で長く戦線離脱するなど、194cmの身体を作り上げるまでに時間を要すのは仕方のないことだった。

今季は「ところどころ痛いところはありますが、大きなケガなくできている」と丸山。アジア室内に向けて急ピッチに仕上げたため、「3、4月でもう一度トレーニング期にしたい」と言う。

見据えるのは7月にタイで行われるアジア選手権。「そこでアジアをもう一度制して、世界に行きたい」。とてつもない潜在能力を秘めるデカスリートが、いよいよ本格化しようとしている。

アジア室内選手権の日本代表選手が2月14日、カザフスタン・アスタナから帰国してメダリストが会見に応えた。 男子七種競技を5801点で制して金メダルを手にした丸山優真(住友電工)は、競技を終えてすぐの離陸だったため金メダルをカバンの奥底に。「どこにやったかな」と探す一コマもあったが、無事に見つけて首からさげた。 高校3年生の時に、初めて十種競技に出場して金メダルを取ったアジアジュニア選手権以来のアジア制覇に笑顔を見せる。 だが、競技全体を振り返ると「取りこぼしが多かった」と丸山。60mハードルは7秒台(7秒96)を出し、砲丸投はベストとなる13m54と手応えをつかんだが、他は「まずまず」。 ラストの1000mで2分43秒を出せば室内日本記録だったが、3秒ほど足りなかった。フィニッシュ後は「金メダルを取ったことより、記録を出せなかったことが悔しい」と振り返る。 それでも、復活への大きな一歩を刻んだ。高校時代から混成競技の大器として期待を集め、八種競技高校新、十種競技のU20日本最高記録と着実にステップアップ。だが、胸椎分離症で長く戦線離脱するなど、194cmの身体を作り上げるまでに時間を要すのは仕方のないことだった。 今季は「ところどころ痛いところはありますが、大きなケガなくできている」と丸山。アジア室内に向けて急ピッチに仕上げたため、「3、4月でもう一度トレーニング期にしたい」と言う。 見据えるのは7月にタイで行われるアジア選手権。「そこでアジアをもう一度制して、世界に行きたい」。とてつもない潜在能力を秘めるデカスリートが、いよいよ本格化しようとしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top