HOME 国内

2023.01.23

クイーンズ駅伝Vの資生堂・岩水監督が退任 後任は青野ヘッドコーチ
クイーンズ駅伝Vの資生堂・岩水監督が退任 後任は青野ヘッドコーチ

岩水嘉孝氏

資生堂ランニングクラブは23日、岩水嘉孝監督が1月末で退任すると発表した。後任には青野宰明ヘッドコーチが昇格する。

岩水氏は愛知県出身の43歳。3000m障害の元日本記録保持者で、順大、トヨタ自動車、富士通で競技を続けた。五輪には04年アテネ、08年北京と2大会連続で出場している。13年より同社のコーチに就任し、21年には監督へ昇格。昨年11月のクイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)では、16年ぶりにチームを日本一へと導いた。

岩水氏は「創業150周年の節目の年に優勝という掲げた目標を達成し、後進に職責を託すことといたしました。これまで在籍した10年間、支えてくださり応援してくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」とホームページを通じてコメントした。今後は社業に専念するという。

後任の青野氏は愛媛県出身の41歳。 今治北高から日体大に進み、学生時代には箱根駅伝に3回出場した。愛知製鋼で競技を続けた後、07年に現役を引退。その後は立命大女子、デンソーで指導にあたり、16年から資生堂でコーチを務めていた。

青野氏は就任にあたり、「長きにわたって活躍してきた歴史あるチームの指揮をとるという重責に身の引き締まる思いではありますが、誠心誠意、チームの発展に尽くしてまいる所存です」と決意を述べている。

次は 岩水氏、青野新監督のコメント全文

資生堂ランニングクラブは23日、岩水嘉孝監督が1月末で退任すると発表した。後任には青野宰明ヘッドコーチが昇格する。 岩水氏は愛知県出身の43歳。3000m障害の元日本記録保持者で、順大、トヨタ自動車、富士通で競技を続けた。五輪には04年アテネ、08年北京と2大会連続で出場している。13年より同社のコーチに就任し、21年には監督へ昇格。昨年11月のクイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)では、16年ぶりにチームを日本一へと導いた。 岩水氏は「創業150周年の節目の年に優勝という掲げた目標を達成し、後進に職責を託すことといたしました。これまで在籍した10年間、支えてくださり応援してくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」とホームページを通じてコメントした。今後は社業に専念するという。 後任の青野氏は愛媛県出身の41歳。 今治北高から日体大に進み、学生時代には箱根駅伝に3回出場した。愛知製鋼で競技を続けた後、07年に現役を引退。その後は立命大女子、デンソーで指導にあたり、16年から資生堂でコーチを務めていた。 青野氏は就任にあたり、「長きにわたって活躍してきた歴史あるチームの指揮をとるという重責に身の引き締まる思いではありますが、誠心誠意、チームの発展に尽くしてまいる所存です」と決意を述べている。 次は 岩水氏、青野新監督のコメント全文

岩水氏、青野新監督のコメント全文

■岩水嘉孝 監督コメント 「このたび資生堂ランニングクラブの監督を退任することになりました。2013年に入社して10年、創業150周年の節目の年に優勝という掲げた目標を達成し、後進に職責を託すことといたしました。 これまで在籍した10年間、支えてくださり応援してくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。引き続き、選手たちに熱いご声援を何卒よろしくお願い申し上げます」 ■青野宰明 新監督コメント 「資生堂ランニングクラブは1979年に発足しました。長きにわたって活躍してきた歴史あるチームの指揮をとるという重責に身の引き締まる思いではありますが、誠心誠意、チームの発展に尽くしてまいる所存です 2016年にコーチとして入社し、2021年からはヘッドコーチとしてチームの強化に携わっています。そして昨年、資生堂創業150周年という節目の年に、3カ年計画の最終年度目標であった『クイーンズ駅伝優勝』を、チームイチガンで達成しました。選手の指導に携わっていく中、"立てた目標を達成する"ことの難しさを感じながらも、選手・スタッフとともに日々成長できたことは、誠に感慨深いものがありました。今後は監督として、駅伝連覇はもちろん、世界で戦うことができる選手の育成、また、一人の人間としての成長をサポートしてまいります」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top