HOME 駅伝

2023.01.21

選抜女子駅伝北九州大会のオーダー発表 高校の部に神村学園、立命館宇治、薫英女学院ら
選抜女子駅伝北九州大会のオーダー発表 高校の部に神村学園、立命館宇治、薫英女学院ら

22年全国高校駅伝女子3位の神村学園。2区の上野優月から3区の小倉陽菜へのタスキリレー

1月21日、開催を翌日に控えた第34回選抜女子駅伝北九州(27.2km/一般5区間、高校6区間)のオーダーが発表された。

高校の部は、昨年末の全国高校駅伝で3位の神村学園(鹿児島)、4位の立命館宇治(京都)、6位の薫英女学院(大阪)ら入賞校が出場する。神村学園は1500mで4分15秒86のベストを持つ田島愛梨(3年)が1区に入り、全国高校駅伝メンバーの沖田萌々(3年)が3区、上野優月(3年)が5区、小倉陽菜(1年)が6区に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

立命館宇治は全国高校駅伝3区区間賞の細谷愛子(3年)ら全国4位メンバーに大西桃花(1年)を加えた6人で勝負。薫英女学院は先週末で優勝を飾った全国都道府県対抗女子駅伝の大阪チームのメンバーだった薮谷奈瑠(3年)、塚本夕藍(1年)、水本佳菜(3年)が1区、2区、5区に入った。

そのほか、1区には3000mで9分05秒85を持つ野田真理那(北九州市立高3福岡)、9分12秒69の飯塚菜月(西脇工高3兵庫)ら実力者がそろった。

一般の部には、クイーンズ駅伝7位のパナソニックら9チームがエントリー。チームを長年牽引してきた双子の森田香織・詩織が3区、4区でタスキをつなぐ。妹の詩織はこのレースが現役ラストレースとなる。クイーンズ駅伝9位の九電工は1区にプリンセス駅伝5区区間賞の実績を持つ逸木和香菜を配置した。

同駅伝は一般と高校の部が同じコースで競い、かつては東京五輪代表の新谷仁美(積水化学)や田中希実(豊田自動織機)なども出場経験がある。スタートは10時10分。レースの模様は22日15時からRKBテレビで放送される。

広告の下にコンテンツが続きます
1月21日、開催を翌日に控えた第34回選抜女子駅伝北九州(27.2km/一般5区間、高校6区間)のオーダーが発表された。 高校の部は、昨年末の全国高校駅伝で3位の神村学園(鹿児島)、4位の立命館宇治(京都)、6位の薫英女学院(大阪)ら入賞校が出場する。神村学園は1500mで4分15秒86のベストを持つ田島愛梨(3年)が1区に入り、全国高校駅伝メンバーの沖田萌々(3年)が3区、上野優月(3年)が5区、小倉陽菜(1年)が6区に入った。 立命館宇治は全国高校駅伝3区区間賞の細谷愛子(3年)ら全国4位メンバーに大西桃花(1年)を加えた6人で勝負。薫英女学院は先週末で優勝を飾った全国都道府県対抗女子駅伝の大阪チームのメンバーだった薮谷奈瑠(3年)、塚本夕藍(1年)、水本佳菜(3年)が1区、2区、5区に入った。 そのほか、1区には3000mで9分05秒85を持つ野田真理那(北九州市立高3福岡)、9分12秒69の飯塚菜月(西脇工高3兵庫)ら実力者がそろった。 一般の部には、クイーンズ駅伝7位のパナソニックら9チームがエントリー。チームを長年牽引してきた双子の森田香織・詩織が3区、4区でタスキをつなぐ。妹の詩織はこのレースが現役ラストレースとなる。クイーンズ駅伝9位の九電工は1区にプリンセス駅伝5区区間賞の実績を持つ逸木和香菜を配置した。 同駅伝は一般と高校の部が同じコースで競い、かつては東京五輪代表の新谷仁美(積水化学)や田中希実(豊田自動織機)なども出場経験がある。スタートは10時10分。レースの模様は22日15時からRKBテレビで放送される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top