HOME 駅伝

2023.01.21

都道府県男子駅伝の区間エントリー発表!長野は吉岡大翔を5区、アンカーに37歳上野裕一郎!兵庫は1区長嶋、5区前田で10年ぶりV狙う
都道府県男子駅伝の区間エントリー発表!長野は吉岡大翔を5区、アンカーに37歳上野裕一郎!兵庫は1区長嶋、5区前田で10年ぶりV狙う

長野県チームの5区に登録された吉岡大翔(佐久長聖高3)

1月21日、開催を翌日に控えた天皇杯第28回全国都道府県対抗男子駅伝の区間エントリーが発表された。

2021年、22年はコロナ禍で中止となったため、3年ぶりの開催となる。3年前に続く“連覇”を目指す長野は、5000m高校記録保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3)を5区(8.5km)に登録。アンカーには立大の男子駅伝監督を務める37歳の上野裕一郎を配置して逃げ切りを図る。

広告の下にコンテンツが続きます

優勝候補に挙がる兵庫は、全国高校駅伝1区区間賞の長嶋幸宝(西脇工高3)が1区、インターハイ5000m日本人トップの前田和摩(報徳学園高3)が5区に入る充実ぶり。全中駅伝1区と6区で区間賞の新妻遼己・昂己兄弟(ともに平岡中3)が2区、6区に入り、アンカーには藤本珠輝(日体大)が登録された。

学生駅伝3冠の駒大勢は青森の田澤廉、長崎の花尾恭輔が登録から外れ、新たに千葉の3区に篠原倖太朗、高知の3区に篠川史隆がエントリー。5000mのU20日本記録を持つ佐藤圭汰は京都の3区に登録され、チーム内の先輩たちと戦うことになる。そのほか3区には岡山の石原翔太郎(東海大)、熊本の井川龍人(早大)、7区には愛知の近藤幸太郎(青学大)、神奈川の丹所健(東京国際大)、静岡の西澤侑真(順大)ら学生長距離界を代表する選手たちが名を連ねた。

通算出場17回のレジェンド、38歳の岡本直己(中国電力)は鳥取県チームの3区に登録。自身の持つ通算ごぼう抜き「124人」の更新に注目が集まる。

大会は1月22日、広島市の平和記念公園前を発着とする7区間48kmのコースで行われる。スタートは午後0時30分だ。

広告の下にコンテンツが続きます
1月21日、開催を翌日に控えた天皇杯第28回全国都道府県対抗男子駅伝の区間エントリーが発表された。 2021年、22年はコロナ禍で中止となったため、3年ぶりの開催となる。3年前に続く“連覇”を目指す長野は、5000m高校記録保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3)を5区(8.5km)に登録。アンカーには立大の男子駅伝監督を務める37歳の上野裕一郎を配置して逃げ切りを図る。 優勝候補に挙がる兵庫は、全国高校駅伝1区区間賞の長嶋幸宝(西脇工高3)が1区、インターハイ5000m日本人トップの前田和摩(報徳学園高3)が5区に入る充実ぶり。全中駅伝1区と6区で区間賞の新妻遼己・昂己兄弟(ともに平岡中3)が2区、6区に入り、アンカーには藤本珠輝(日体大)が登録された。 学生駅伝3冠の駒大勢は青森の田澤廉、長崎の花尾恭輔が登録から外れ、新たに千葉の3区に篠原倖太朗、高知の3区に篠川史隆がエントリー。5000mのU20日本記録を持つ佐藤圭汰は京都の3区に登録され、チーム内の先輩たちと戦うことになる。そのほか3区には岡山の石原翔太郎(東海大)、熊本の井川龍人(早大)、7区には愛知の近藤幸太郎(青学大)、神奈川の丹所健(東京国際大)、静岡の西澤侑真(順大)ら学生長距離界を代表する選手たちが名を連ねた。 通算出場17回のレジェンド、38歳の岡本直己(中国電力)は鳥取県チームの3区に登録。自身の持つ通算ごぼう抜き「124人」の更新に注目が集まる。 大会は1月22日、広島市の平和記念公園前を発着とする7区間48kmのコースで行われる。スタートは午後0時30分だ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top