HOME 国内

2023.01.09

大迫傑が新たな挑戦!Sugar Eliteを香港、マカオ、台湾に展開へ 世界と戦うために「バトンをつないでいく」
大迫傑が新たな挑戦!Sugar Eliteを香港、マカオ、台湾に展開へ 世界と戦うために「バトンをつないでいく」

Sugar Eliteの中華圏展開に向けた会見を開いた大迫傑、タム・サニー氏、古川公士氏(2023年1月)

香港を拠点とする企業「EKIDEN SPORTS」は、プロランナーの大迫傑(Nike)が主宰する「Sugar Elite」の香港、マカオ、台湾における独占的ライセンス契約を締結したことを発表し、都内で会見が開かれた。

「Sugar Elite」は「世界で戦うための強さを求める者たちが集う場所」をコンセプトに2022年夏に発足。所属先にとらわれずトップ選手で合宿するなど活動してきた。また、21年には小・中学生を対象とした「Sugar Elite Kids」も開かれ、全国各地で育成・普及を行っている。

そのプロジェクトに興味を示した「EKIDEN SPORT」は、長距離ランキングの推進と発展を目的に設立された会社で、香港のトップアスリートのマネジメントやイベント開催などを展開。同社のCEOで自らもランナーであるタム・サニー氏の熱烈オファーで、Sugar Eliteの中華圏マネジメントを務めるCHINARUN社の仲介により1年近い交渉を重ねて実現に至った。

サニー氏は「大迫選手は香港でもスーパースター。競技だけでなくランニング理念、言葉に大きな意味を持ちます」と言い、プロジェクトと通して「若い選手のトレーニングキャンプを開催したり、日本で指導を受けたりして、日本のマラソン理念を学び、レベルアップを目指していく」としている。また、選手だけではなく「トレーナー(指導者)の育成も図っていきたい」という。

CHINARUN社の古川公士CEOは「中華圏のマラソン市場は爆発的に伸びている」とし、「アジア圏で大迫選手は一番人気のマラソン選手。弊社のプラットフォームやSNSを活用し、オンライン、オフラインでSugar Eliteをとおして日本式のメソッドやノウハウを導入していき、双方向の活動を促進していく」と展望を話す。

大迫は「もちろん日本にもたくさんのタレントが定期的に出てきますが、規模でいればアジアに向けたほうが世界と戦える人材が増えてきます。僕自身、現役中にどれだけ世界と戦えるかには限界がある。そのバトンを、日本だけではなくアジアの人たちにつないでいき、長期的に見て世界と戦える選手がこの活動から生まれてくれればいいと思っています」とプロジェクトへの思いを語った。

今後については「中華圏のランニング人口が増えているのは聞いていましたが、まだ正しい情報が行き届いていない。まずは楽しくランニングに関わって、その先にどうすれば世界レベルで戦えるか。どういう形で伝えていけるか一緒になって考えていきたい」と大迫。すでに昨年11月には香港のトップ選手数名が来日し、トレーニングをともにする機会があったという。

大迫は東京五輪で6位入賞を果たして一度は現役を引退。その後、「時間をおいて、広い意味でランニングに関わる中で、指導や普及はもちろんですがプレイヤーとしても引っ張っていければ」という思いで現役復帰した。昨年11月にはマラソン復帰戦となったニューヨークシティマラソンに出場(2時間11分31秒)。さらに、GMOインターネットグループに参画して今年のニューイヤー駅伝にも出走し、3区区間2位でチームの過去最高タイの5位に貢献した。

競技面だけではなく、Sugar Eliteをはじめ、「The Fst in Fukuoka 2022」といった大会を開くなど、活動の幅を広げている。常に新しいことに挑戦してきた大迫。その根底には「走る」を楽しむこと、そして「どう世界を戦うか」がある。中華圏を舞台とする新たなプロジェクトも大きな注目を集めそうだ。

次ページ 【動画】大迫傑が8年ぶりニューイヤー駅伝!3区で11人抜きの快走

香港を拠点とする企業「EKIDEN SPORTS」は、プロランナーの大迫傑(Nike)が主宰する「Sugar Elite」の香港、マカオ、台湾における独占的ライセンス契約を締結したことを発表し、都内で会見が開かれた。 「Sugar Elite」は「世界で戦うための強さを求める者たちが集う場所」をコンセプトに2022年夏に発足。所属先にとらわれずトップ選手で合宿するなど活動してきた。また、21年には小・中学生を対象とした「Sugar Elite Kids」も開かれ、全国各地で育成・普及を行っている。 そのプロジェクトに興味を示した「EKIDEN SPORT」は、長距離ランキングの推進と発展を目的に設立された会社で、香港のトップアスリートのマネジメントやイベント開催などを展開。同社のCEOで自らもランナーであるタム・サニー氏の熱烈オファーで、Sugar Eliteの中華圏マネジメントを務めるCHINARUN社の仲介により1年近い交渉を重ねて実現に至った。 サニー氏は「大迫選手は香港でもスーパースター。競技だけでなくランニング理念、言葉に大きな意味を持ちます」と言い、プロジェクトと通して「若い選手のトレーニングキャンプを開催したり、日本で指導を受けたりして、日本のマラソン理念を学び、レベルアップを目指していく」としている。また、選手だけではなく「トレーナー(指導者)の育成も図っていきたい」という。 CHINARUN社の古川公士CEOは「中華圏のマラソン市場は爆発的に伸びている」とし、「アジア圏で大迫選手は一番人気のマラソン選手。弊社のプラットフォームやSNSを活用し、オンライン、オフラインでSugar Eliteをとおして日本式のメソッドやノウハウを導入していき、双方向の活動を促進していく」と展望を話す。 大迫は「もちろん日本にもたくさんのタレントが定期的に出てきますが、規模でいればアジアに向けたほうが世界と戦える人材が増えてきます。僕自身、現役中にどれだけ世界と戦えるかには限界がある。そのバトンを、日本だけではなくアジアの人たちにつないでいき、長期的に見て世界と戦える選手がこの活動から生まれてくれればいいと思っています」とプロジェクトへの思いを語った。 今後については「中華圏のランニング人口が増えているのは聞いていましたが、まだ正しい情報が行き届いていない。まずは楽しくランニングに関わって、その先にどうすれば世界レベルで戦えるか。どういう形で伝えていけるか一緒になって考えていきたい」と大迫。すでに昨年11月には香港のトップ選手数名が来日し、トレーニングをともにする機会があったという。 大迫は東京五輪で6位入賞を果たして一度は現役を引退。その後、「時間をおいて、広い意味でランニングに関わる中で、指導や普及はもちろんですがプレイヤーとしても引っ張っていければ」という思いで現役復帰した。昨年11月にはマラソン復帰戦となったニューヨークシティマラソンに出場(2時間11分31秒)。さらに、GMOインターネットグループに参画して今年のニューイヤー駅伝にも出走し、3区区間2位でチームの過去最高タイの5位に貢献した。 競技面だけではなく、Sugar Eliteをはじめ、「The Fst in Fukuoka 2022」といった大会を開くなど、活動の幅を広げている。常に新しいことに挑戦してきた大迫。その根底には「走る」を楽しむこと、そして「どう世界を戦うか」がある。中華圏を舞台とする新たなプロジェクトも大きな注目を集めそうだ。 次ページ 【動画】大迫傑が8年ぶりニューイヤー駅伝!3区で11人抜きの快走
【動画】大迫傑が8年ぶりニューイヤー駅伝!3区で11人抜きの快走

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top