HOME 高校・中学

2022.12.16

【全中駅伝展望・女子】連覇狙う稲美、過去5度優勝の桂、初出場の京山によるV争い  浅川、神村学園ら九州勢も優勝目指す
【全中駅伝展望・女子】連覇狙う稲美、過去5度優勝の桂、初出場の京山によるV争い  浅川、神村学園ら九州勢も優勝目指す

浅川、神村学園ら九州勢、前回経験者残るチームにも注目

浅川(福岡)と神村学園(鹿児島)の九州勢が虎視眈々と上位をうかがっている。

前回4位のメンバーのうち3~5区が残る浅川。一木亜美(2年)は3000mで9分台を持つエースに成長した。原田綾夏(3年)と中村梨央奈(2年)という全国経験者で上位争いに食い込めるか。

神村学園のエースは3000mで出場選手中ランキングトップの9分37秒97を持つ瀬戸口凜(3年)だ。駅伝部、バスケットボール部、サッカー部の混合チームながら、九州大会で5区区間賞の武田星莉(1年)の活躍もあり優勝している。全国高校駅伝(12月25日)で優勝候補に挙がる高校との『姉妹V』もあり得る。

前回に続いて出場するチームでは、前回1年生4人で8位入賞だった足立十一(東京)、前回15位で4人が残る会津若松一(福島)といったチームが上位進出を狙う。また、前回19位だったメンバー全員が残っている常盤平(千葉)も注目。渡辺光桃(3年)は全中800m7位と好調だ。

関東大会では、その常盤平を上回った真岡(栃木)や下館南(茨城)も総合力がある。個人では全中1500m2位の高川学園(山口)の金子瑛怜(3年)がどんな走りを見せるか。

5区間のスピード決着のため、1区でスタートダッシュに成功したチームが主導権を握りそう。今大会はBS日テレで初めてテレビ生中継されることも決定。湖国で決まる中学駅伝“日本一”の行方は?

次のページ 出場選手1500m&3000mランキング

節目となる第30回全国中学駅伝は12月18日、滋賀県の野洲市と湖南市にまたがる希望が丘文化公園で開催される。 男子6区間18㎞、女子5区間12㎞のコースは今年も変わらず。各都道府県代表に開催地枠を加えた男女それぞれ48チームが出場し、中学駅伝日本一の座を懸けて争う。ここでは女子の見どころを紹介。優勝争いを展開しそうな注目チーム&ランナーをピックアップする。

稲美、桂、京山による混戦模様

優勝争いは混戦模様だ。前回優勝で連覇を狙う稲美(兵庫)、充実の選手層と伝統を誇る桂(京都)、初出場で勢いに乗る京山(岡山)が上位候補に挙がる。 稲美は吉川菜緒、陽菜のツインズと湊友希(以上3年)が前回の優勝経験者。県大会では2位に1分48秒差をつけて完勝した。前回1区区間賞の吉川菜緒が今回も1区か。2km区間も充実の選手をそろえ、総合力では一歩リードか。 2014年から5連覇の偉業を果たしている桂。前回3位と中学陸上界では異例とも言えるほど毎年全国上位の力をつける。前回5区3位の伊藤愛波(3年)と同2区10位タイの西川綾乃(3年)に加え、南舎華怜(2年)も台頭。3000mで11分切りが7人に上る。 2チームが激突した近畿大会では稲美が桂に35秒差をつけて2連覇。本番でも上位争いを展開するだろうか。 京山は県大会を大会新記録の45分51秒(12.9㎞)で優勝。チームの中心は2年生の黒田六花と樋口遙で、3000mで10分11秒台を持つ。他にも南和奏、宮永愛美といった1年生も有力で、桂同様に3000m10分30秒切りが4人いる。 次のページ 浅川、神村学園ら九州勢、前回経験者残るチームにも注目

浅川、神村学園ら九州勢、前回経験者残るチームにも注目

浅川(福岡)と神村学園(鹿児島)の九州勢が虎視眈々と上位をうかがっている。 前回4位のメンバーのうち3~5区が残る浅川。一木亜美(2年)は3000mで9分台を持つエースに成長した。原田綾夏(3年)と中村梨央奈(2年)という全国経験者で上位争いに食い込めるか。 神村学園のエースは3000mで出場選手中ランキングトップの9分37秒97を持つ瀬戸口凜(3年)だ。駅伝部、バスケットボール部、サッカー部の混合チームながら、九州大会で5区区間賞の武田星莉(1年)の活躍もあり優勝している。全国高校駅伝(12月25日)で優勝候補に挙がる高校との『姉妹V』もあり得る。 前回に続いて出場するチームでは、前回1年生4人で8位入賞だった足立十一(東京)、前回15位で4人が残る会津若松一(福島)といったチームが上位進出を狙う。また、前回19位だったメンバー全員が残っている常盤平(千葉)も注目。渡辺光桃(3年)は全中800m7位と好調だ。 関東大会では、その常盤平を上回った真岡(栃木)や下館南(茨城)も総合力がある。個人では全中1500m2位の高川学園(山口)の金子瑛怜(3年)がどんな走りを見せるか。 5区間のスピード決着のため、1区でスタートダッシュに成功したチームが主導権を握りそう。今大会はBS日テレで初めてテレビ生中継されることも決定。湖国で決まる中学駅伝“日本一”の行方は? 次のページ 出場選手1500m&3000mランキング
出場者ランキング 1500m 4.27.06 金子 瑛怜(高川学園3山口) 4.29.33 大谷 芽以(細江3静岡) 4.31.23 長森 結愛(大沢野1富山) 4.32.62 湯田 和未(会津若松一3福島) 4.33.90 黒川 志帆(大沢野1富山) 4.34.52 滝本 茉心(下小路2岩手) 4.36.10 鈴木 菜純(会津若松一2福島) 4.36.13 三宅  凜(西条2広島) 4.36.36 長島 彩音(真岡2栃木) 4.36.82 一木 亜美(浅川2福岡) 3000m 9.47.21 大谷 芽以(細江3静岡) 9.53.28 一木 亜美(浅川2福岡) 9.53.95 吉川 菜緒(稲美3兵庫) 9.55.24 森  若菜(西諫早2長崎) 9.55.88 高岡 真奈(大分城東3大分) 9.57.35 藤井 柑奈(西条2広島) 9.57.43 三宅  凛(西条2広島) 9.57.74 長森 結愛(大沢野1富山) 9.59.73 黒川 志帆(大沢野1富山)

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

U20世界選手権日本代表をチェック! 男子 100m 西岡尚輝(東海大仰星高3大阪)、小室歩久斗(つくば秀英高3茨城) 200m 佐藤克樹(東京学館新潟高2新潟)、若菜敬(佐野高3栃木) 400m 大石亮太(浜松開誠館高 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

【動画】公開練習でハードルドリルを行った村竹 #パリ五輪 代表#村竹ラシッド(JAL)が練習を公開しました! pic.twitter.com/RY1oREfaZv — 月陸Online/月刊陸上競技 (@Ge […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

男子800m学生歴代10傑 1.45.75 川元  奨(日大4)    2014. 5.11 1.45.75 源  裕貴(環太平洋大4) 2021. 7.17 1.45.85 金子魅玖人(中大2)    2021. 7. […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

今後の国民スポーツ大会の開催地 2024年 佐賀県 2025年 滋賀県 2026年 青森県 2027年 宮崎県 2028年 長野県(内定) 2029年 群馬県(内定) 2030年 島根県(開催申請書順序了解) 2031年 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top