HOME PR
PR

2022.12.16

『ハイブリッドランニング』でバランスの良いフォームに!! 日本ランニング協会が〝新時代のトレーニング〟にSIXPADを選択
『ハイブリッドランニング』でバランスの良いフォームに!! 日本ランニング協会が〝新時代のトレーニング〟にSIXPADを選択

世界のロードレースを席巻している厚底シューズ。そのポジティブな影響をいかに自分のものにできるのか。一般社団法人 日本ランニング協会が新時代のトレーニングにSIXPADを選択。「SIXPAD PowersuitCore Belt」(シックスパッド パワースーツコアベルト/以下、パワースーツ コアベルト)を走行時に使用することでワンランク上のトレーニングを体感できる。

『ハイブリッドランニング』を主体としたSIXPADランニングメソッド

シューズの進化により、ランニングシーンは一変した。厚底シューズが登場したことで、フォアフットが主流になり、タイムも大幅に向上。一方、股関節まわりのケガや故障が増えている。急激な変化のなかで日本ランニング協会は新たなトレーニングを模索していた。そのなかで新たに選んだのがパワースーツ コアベルトだった。「SIXPADの存在は前々から知っていましたが、SIXPADコアベルトはお腹に巻くだけで腹筋・脇腹・背筋(下部)を同時に鍛えられる。このパワースーツ コアベルトならランナーにとって有益なトレーニングを一緒に作れるのではと感じたのが始まりです」と語るのはランニング協会のマスターインストラクターを務める園原健弘氏だ。

EMS(筋電気刺激)を搭載したSIXPADはトレーニングギアとして人気を集めていた。その中でもパワースーツ コアベルトは、腹直筋、腹斜筋、広背筋(下部)、脊柱起立筋(下部)を同時に刺激できるため、園原氏は走行時にも使用することを提唱。それが、まさに『ハイブリッドランニング』である。「何より装着して、そのままランニングやエクササイズもできるという効率的な面に魅力を感じましたね。そこで、日本ランニング協会とSIXPADがタッグを組んで『SIXPADランニングメソッド』を開発しました。市民ランナーの方ももちろんですが、特にランニングに本気で取り組んでいるアスリートランナーの方にこそ、このメソッドを取り入れてほしいですね。体幹トレーニングと一口に言っても、その方法はさまざまで、効果を上げるのは簡単ではありません。最も大切なことは『継続すること』です。パワースーツ コアベルトを使えば効率的なトレーニングが簡単に継続できる。ぜひとも日々のトレーニングに追加して、コアを鍛えながら走る新感覚を味わってもらえたらと思います」

パワースーツ コアベルトは特殊加工を施した繊維を電極にすることにより、わずかな水で長時間通電が可能。汗などの影響が少なく、劣化しにくいという。しかも、自宅で洗濯して、繰り返し使用できる。「安定性」「安全性」「耐久性」を兼ね備えており、日々のトレーニングに積極的に活用できるアイテムだ。「ランナーは体幹を鍛えることで、空気がパンパンに入ったボールのように地面反力をもらえるようになります。そういう意味では、走るだけの練習ではもう通用しません。これからはフィジカルトレーニングを走る練習と同じぐらいしっかり行う必要があります」

『体幹』を鍛え、『呼吸筋』も強化ワンステージ高い領域へ

近年は専門のトレーナーを雇うチームも増えているが、それなりの予算が必要なため日常的に指導を受けるのは難しい。しかし、パワースーツ コアベルトを活用したハイブリッドランニングなら誰でも容易に体幹を強化できる。「市民ランナーなどは走行距離にこだわる傾向が強いのですが、バランスの良いフォームで走らないとトレーニング効果は高まりません。パワースーツ コアベルトを活用した効率的なハイブリッドランニングをすることでバランスの良いフォームを意識でき、それによって故障によるトレーニング中断も少なくなります。継続できることこそ最高のトレーニングなのです」

SIXPAD ランニングメソッド特設ページ

SIXPADランニングメソッドに取り組むことで、体幹だけでなく、呼吸時に使われる筋肉(呼吸筋)にも好影響が出るという。「疲れてきたり、速く走ると体幹部の呼吸への関与率が高くなり姿勢維持機能が低下します。また、ランナーは胸郭周りが硬くなる傾向があり、肋骨が動かなくなると横隔膜の上げ下げができなくなってしまいます。コアを強化することで、呼吸にも良い影響が出るんです」
いずれにしても、走りながら体幹トレーニングができるハイブリッドランニングは非常に効率的で、画期的なメソッドと言えるだろう。「ランニングは体力勝負と思われがちですが、実は技術の部分も大きい。正しいフォームを身につけるのは時間がかかります。しかも一番大切なことは、正しい動きを何度も繰り返すこと。パワースーツ コアベルトを装着して走ることで、体幹を意識できて、末端はフリーに動かすことができる。そのため身体が硬い朝練習や、ウォーミングアップ時に最適です。ぜひ多くのランナーにハイブリッドランニングを体感していただきたいと思います」

走りながら体幹を意識して、正しいフォームを習得していく。パワースーツ コアベルトを活用した〝新時代のトレーニング〟は、ランナーをワンステージ高い領域に導いてくれるだろう。

SIXPAD Powersuit Core BeltMTG 公式オンラインショップ

明大駅伝チームが「秘密兵器」を導入 名門復活に向けて〝新時代のトレーニング〟で飛躍へ!!

世界のロードレースを席巻している厚底シューズ。そのポジティブな影響をいかに自分のものにできるのか。一般社団法人 日本ランニング協会が新時代のトレーニングにSIXPADを選択。「SIXPAD PowersuitCore Belt」(シックスパッド パワースーツコアベルト/以下、パワースーツ コアベルト)を走行時に使用することでワンランク上のトレーニングを体感できる。

『ハイブリッドランニング』を主体としたSIXPADランニングメソッド

シューズの進化により、ランニングシーンは一変した。厚底シューズが登場したことで、フォアフットが主流になり、タイムも大幅に向上。一方、股関節まわりのケガや故障が増えている。急激な変化のなかで日本ランニング協会は新たなトレーニングを模索していた。そのなかで新たに選んだのがパワースーツ コアベルトだった。「SIXPADの存在は前々から知っていましたが、SIXPADコアベルトはお腹に巻くだけで腹筋・脇腹・背筋(下部)を同時に鍛えられる。このパワースーツ コアベルトならランナーにとって有益なトレーニングを一緒に作れるのではと感じたのが始まりです」と語るのはランニング協会のマスターインストラクターを務める園原健弘氏だ。 EMS(筋電気刺激)を搭載したSIXPADはトレーニングギアとして人気を集めていた。その中でもパワースーツ コアベルトは、腹直筋、腹斜筋、広背筋(下部)、脊柱起立筋(下部)を同時に刺激できるため、園原氏は走行時にも使用することを提唱。それが、まさに『ハイブリッドランニング』である。「何より装着して、そのままランニングやエクササイズもできるという効率的な面に魅力を感じましたね。そこで、日本ランニング協会とSIXPADがタッグを組んで『SIXPADランニングメソッド』を開発しました。市民ランナーの方ももちろんですが、特にランニングに本気で取り組んでいるアスリートランナーの方にこそ、このメソッドを取り入れてほしいですね。体幹トレーニングと一口に言っても、その方法はさまざまで、効果を上げるのは簡単ではありません。最も大切なことは『継続すること』です。パワースーツ コアベルトを使えば効率的なトレーニングが簡単に継続できる。ぜひとも日々のトレーニングに追加して、コアを鍛えながら走る新感覚を味わってもらえたらと思います」 パワースーツ コアベルトは特殊加工を施した繊維を電極にすることにより、わずかな水で長時間通電が可能。汗などの影響が少なく、劣化しにくいという。しかも、自宅で洗濯して、繰り返し使用できる。「安定性」「安全性」「耐久性」を兼ね備えており、日々のトレーニングに積極的に活用できるアイテムだ。「ランナーは体幹を鍛えることで、空気がパンパンに入ったボールのように地面反力をもらえるようになります。そういう意味では、走るだけの練習ではもう通用しません。これからはフィジカルトレーニングを走る練習と同じぐらいしっかり行う必要があります」

『体幹』を鍛え、『呼吸筋』も強化ワンステージ高い領域へ

近年は専門のトレーナーを雇うチームも増えているが、それなりの予算が必要なため日常的に指導を受けるのは難しい。しかし、パワースーツ コアベルトを活用したハイブリッドランニングなら誰でも容易に体幹を強化できる。「市民ランナーなどは走行距離にこだわる傾向が強いのですが、バランスの良いフォームで走らないとトレーニング効果は高まりません。パワースーツ コアベルトを活用した効率的なハイブリッドランニングをすることでバランスの良いフォームを意識でき、それによって故障によるトレーニング中断も少なくなります。継続できることこそ最高のトレーニングなのです」 SIXPAD ランニングメソッド特設ページ SIXPADランニングメソッドに取り組むことで、体幹だけでなく、呼吸時に使われる筋肉(呼吸筋)にも好影響が出るという。「疲れてきたり、速く走ると体幹部の呼吸への関与率が高くなり姿勢維持機能が低下します。また、ランナーは胸郭周りが硬くなる傾向があり、肋骨が動かなくなると横隔膜の上げ下げができなくなってしまいます。コアを強化することで、呼吸にも良い影響が出るんです」 いずれにしても、走りながら体幹トレーニングができるハイブリッドランニングは非常に効率的で、画期的なメソッドと言えるだろう。「ランニングは体力勝負と思われがちですが、実は技術の部分も大きい。正しいフォームを身につけるのは時間がかかります。しかも一番大切なことは、正しい動きを何度も繰り返すこと。パワースーツ コアベルトを装着して走ることで、体幹を意識できて、末端はフリーに動かすことができる。そのため身体が硬い朝練習や、ウォーミングアップ時に最適です。ぜひ多くのランナーにハイブリッドランニングを体感していただきたいと思います」 走りながら体幹を意識して、正しいフォームを習得していく。パワースーツ コアベルトを活用した〝新時代のトレーニング〟は、ランナーをワンステージ高い領域に導いてくれるだろう。 SIXPAD Powersuit Core BeltMTG 公式オンラインショップ https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/87831

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top