HOME 国内、大学

2022.12.15

日本GP年間王者 村竹ラシッド&田中希実にトロフィーと強化費30万円授与 田中「一つひとつ手を抜かなかった」/日本陸連アワード
日本GP年間王者 村竹ラシッド&田中希実にトロフィーと強化費30万円授与 田中「一つひとつ手を抜かなかった」/日本陸連アワード

田中希実と村竹ラシッドが22年日本GPシリーズ年間王者

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2022」が12月15日、都内で開かれ、日本グランプリシリーズの年間王者となった男子110mハードルの村竹ラシッド(順大)と女子中長距離の田中希実(豊田自動織機)が表彰。グランプリシリーズ・トロフィーと強化費30万円が授与された。

村竹はシリーズポイントで3569点を獲得。4月の織田記念を13秒55(-1.5)で優勝し、6月の布勢スプリントでも予選で13秒39(+1.6)の好記録をマークした。

赤いネクタイをビシッと決めた村竹。やや緊張の面持ちで、「今シーズン、まさか(年間チャンピオンを)取れるとは想像していませんでした。来年のグランプリでも挑戦して、世界選手権目指して頑張りたいです」と受賞の感想と意気込みを語った。

田中は5000mが対象で3492点を獲得。織田記念(15分23秒87)、アスレティックスチャレンジカップ(14分59秒95)でポイントを獲得した。また、1500mでも種目別チャンピオンに輝いている。

ピンクのワンピースでドレスアップした田中。「年齢的に今しか着られないと思うのでカワイイほうで」とリクエストし、「ピンクですがユニフォームと似ていていいなと思いました」とにっこり。壇上では「いつも温かい応援をありがとうございます」と感謝を述べる。今季は「納得のいかない成績が続いていた」というが、その中でも「記録を目指してたくさんのレースに出ましたが、一つひとつのレースで手を抜かなかった自負があります。その結果がシリーズチャンピオン。頑張ってきて良かったです」と語った。

日本グランプリシーズは指定大会12とポイント対象3大会で争われ、記録ポイントと特別ポイントの合計をパフォーマンスポイントとして計算。各種目および全体のシリーズチャンピオンを決めている。

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2022」が12月15日、都内で開かれ、日本グランプリシリーズの年間王者となった男子110mハードルの村竹ラシッド(順大)と女子中長距離の田中希実(豊田自動織機)が表彰。グランプリシリーズ・トロフィーと強化費30万円が授与された。 村竹はシリーズポイントで3569点を獲得。4月の織田記念を13秒55(-1.5)で優勝し、6月の布勢スプリントでも予選で13秒39(+1.6)の好記録をマークした。 赤いネクタイをビシッと決めた村竹。やや緊張の面持ちで、「今シーズン、まさか(年間チャンピオンを)取れるとは想像していませんでした。来年のグランプリでも挑戦して、世界選手権目指して頑張りたいです」と受賞の感想と意気込みを語った。 田中は5000mが対象で3492点を獲得。織田記念(15分23秒87)、アスレティックスチャレンジカップ(14分59秒95)でポイントを獲得した。また、1500mでも種目別チャンピオンに輝いている。 ピンクのワンピースでドレスアップした田中。「年齢的に今しか着られないと思うのでカワイイほうで」とリクエストし、「ピンクですがユニフォームと似ていていいなと思いました」とにっこり。壇上では「いつも温かい応援をありがとうございます」と感謝を述べる。今季は「納得のいかない成績が続いていた」というが、その中でも「記録を目指してたくさんのレースに出ましたが、一つひとつのレースで手を抜かなかった自負があります。その結果がシリーズチャンピオン。頑張ってきて良かったです」と語った。 日本グランプリシーズは指定大会12とポイント対象3大会で争われ、記録ポイントと特別ポイントの合計をパフォーマンスポイントとして計算。各種目および全体のシリーズチャンピオンを決めている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top