HOME 駅伝

2022.11.26

MARCH対抗戦 関口絢太が10000m28分29秒24立大新!箱根駅伝は3区を希望「楽しみながら駆け抜けたい」
MARCH対抗戦 関口絢太が10000m28分29秒24立大新!箱根駅伝は3区を希望「楽しみながら駆け抜けたい」

25日、東京都町田市の町田GIONスタジアムにてMARCH対抗戦2022が開催され、明大、青学大、立教大、中大、法大の五大学が10000mレースで火花を散らした。

最終組には10月の箱根駅伝予選会で55年ぶりに本戦出場を決めた立大勢が3名出場。関口絢太(3年)が立教大学新記録を約3秒更新する28分29秒24をマークして全体5位に食い込んだ。

関口は序盤からペースメーカーの真後ろにつける積極的な走りを見せ、終盤に青学大の近藤幸太郎(4年)らに離された後も懸命に上位争いを展開。目標としていた28分30秒を切り、「とてもうれしいです!」と笑顔を見せた。

東京・國學院久我山高出身で、全国高校駅伝にも2度出場経験を持つ(1年時7区13位、3年時3区13位)。立大でも着々と力をつけ、昨年のこの大会で出した自己記録を11秒更新するほか、「憧れの存在」と話す2学年先輩の斎藤俊輔が持つ大学記録(28分32秒53)をも上回った。

「こんなに強い選手と戦える機会はなかなかないと思うので、自分で挑戦心を持って臨みました」と関口。手応えを感じながらも、青学大の選手4人に先着されたことには「レベルの差を感じました」と、箱根駅伝王者の底力を実感したようだ。

箱根駅伝では前回大会で斎藤先輩が走った3区を希望。「小さい頃からテレビで見ていた舞台なので、緊張せず楽しみながら駆け抜けたい。予選会終わってからチーム全体のモチベーション、士気が一層高まっているので、いい流れで臨めると思います」と、初の箱根路を待ちわびている。

第2回MARCH対抗戦は28分台13人の青学大が連覇! 近藤幸太郎が28分18秒24で2年連続個人トップ

25日、東京都町田市の町田GIONスタジアムにてMARCH対抗戦2022が開催され、明大、青学大、立教大、中大、法大の五大学が10000mレースで火花を散らした。 最終組には10月の箱根駅伝予選会で55年ぶりに本戦出場を決めた立大勢が3名出場。関口絢太(3年)が立教大学新記録を約3秒更新する28分29秒24をマークして全体5位に食い込んだ。 関口は序盤からペースメーカーの真後ろにつける積極的な走りを見せ、終盤に青学大の近藤幸太郎(4年)らに離された後も懸命に上位争いを展開。目標としていた28分30秒を切り、「とてもうれしいです!」と笑顔を見せた。 東京・國學院久我山高出身で、全国高校駅伝にも2度出場経験を持つ(1年時7区13位、3年時3区13位)。立大でも着々と力をつけ、昨年のこの大会で出した自己記録を11秒更新するほか、「憧れの存在」と話す2学年先輩の斎藤俊輔が持つ大学記録(28分32秒53)をも上回った。 「こんなに強い選手と戦える機会はなかなかないと思うので、自分で挑戦心を持って臨みました」と関口。手応えを感じながらも、青学大の選手4人に先着されたことには「レベルの差を感じました」と、箱根駅伝王者の底力を実感したようだ。 箱根駅伝では前回大会で斎藤先輩が走った3区を希望。「小さい頃からテレビで見ていた舞台なので、緊張せず楽しみながら駆け抜けたい。予選会終わってからチーム全体のモチベーション、士気が一層高まっているので、いい流れで臨めると思います」と、初の箱根路を待ちわびている。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/86996

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top