HOME 国内

2022.11.21

3000m障害日本代表・山口浩勢が現役引退「経験した全てを次世代へ」来春から加藤学園高顧問に
3000m障害日本代表・山口浩勢が現役引退「経験した全てを次世代へ」来春から加藤学園高顧問に

愛三工業は所属する東京五輪&オレゴン世界選手権代表の山口浩勢が2023年3月末での退部を発表した。

山口は愛知県出身の31歳。惟信高時代に3000m障害を始めて3年時にインターハイ8位に入った。城西大進学後にさらに力をつけ、1年目は世界ジュニア選手権決勝進出。2年生で日本インカレ優勝など活躍した。一方、箱根駅伝には3度出場し、1、2年目には4区区間4位と好走している。

2014年に愛三工業に入社。2020年に日本選手権で初優勝し、昨年は日本選手権で8分19秒96(日本歴代4位)をマークして2位となり、東京五輪代表にも出場した。今年のオレゴン世界選手権でも代表入り。

山口は同社のHPを通じ、「世界と戦うためにさまざまなことに挑戦させていただき、オリンピックや世界陸上といった世界最高峰の舞台に立てて、競技者としてこれほど名誉なことはありません」と感謝をつづる。チームは来年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)への出場を決めており、「会社を代表する最後の大舞台として、最後までやり抜きたいと思います」と決意を述べている。

学生時代から3000m障害はもちろん、トラック・ロード問わず存在感を発揮してきた山口。現在、活況の日本サンショー界のステージを上げた立役者だった。

今後は指導者への道へ進み、来年4月に加藤学園高(静岡)の顧問に就任予定。山口は「第一線を退き、今後は指導の道で、私の経験した全てを次世代へつなげていこうと思います」と意気込みを発表している。

■山口浩勢コメント全文
「2014年に入社し、愛三工業陸上競技部で9年間もの競技生活を送ることができました。3000m 障害で世界と戦うために様々なことに挑戦させていただき、オリンピックや世界陸上といった世界最高峰の舞台に立てて、競技者としてこれほど名誉なことはありません。ここまで本当にたくさんの方々に支えられて競技を続けてきましたが、第一線を退き今後は指導の道で、私の経験した全てを次世代へ繋げていこうと思います。ニューイヤー駅伝は会社を代表する最後の大舞台として、最後までやり抜きたいと思います。今まで応援ありがとうございました。今後の活動にも注目していただけたら幸いです」

愛三工業は所属する東京五輪&オレゴン世界選手権代表の山口浩勢が2023年3月末での退部を発表した。 山口は愛知県出身の31歳。惟信高時代に3000m障害を始めて3年時にインターハイ8位に入った。城西大進学後にさらに力をつけ、1年目は世界ジュニア選手権決勝進出。2年生で日本インカレ優勝など活躍した。一方、箱根駅伝には3度出場し、1、2年目には4区区間4位と好走している。 2014年に愛三工業に入社。2020年に日本選手権で初優勝し、昨年は日本選手権で8分19秒96(日本歴代4位)をマークして2位となり、東京五輪代表にも出場した。今年のオレゴン世界選手権でも代表入り。 山口は同社のHPを通じ、「世界と戦うためにさまざまなことに挑戦させていただき、オリンピックや世界陸上といった世界最高峰の舞台に立てて、競技者としてこれほど名誉なことはありません」と感謝をつづる。チームは来年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)への出場を決めており、「会社を代表する最後の大舞台として、最後までやり抜きたいと思います」と決意を述べている。 学生時代から3000m障害はもちろん、トラック・ロード問わず存在感を発揮してきた山口。現在、活況の日本サンショー界のステージを上げた立役者だった。 今後は指導者への道へ進み、来年4月に加藤学園高(静岡)の顧問に就任予定。山口は「第一線を退き、今後は指導の道で、私の経験した全てを次世代へつなげていこうと思います」と意気込みを発表している。 ■山口浩勢コメント全文 「2014年に入社し、愛三工業陸上競技部で9年間もの競技生活を送ることができました。3000m 障害で世界と戦うために様々なことに挑戦させていただき、オリンピックや世界陸上といった世界最高峰の舞台に立てて、競技者としてこれほど名誉なことはありません。ここまで本当にたくさんの方々に支えられて競技を続けてきましたが、第一線を退き今後は指導の道で、私の経験した全てを次世代へ繋げていこうと思います。ニューイヤー駅伝は会社を代表する最後の大舞台として、最後までやり抜きたいと思います。今まで応援ありがとうございました。今後の活動にも注目していただけたら幸いです」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top