HOME 国内

2022.11.17

世界陸連セバスチャン・コー会長が来日 2025年東京世界陸上「過去一番の大会にしてほしい」

世界陸連(WA)のセバスチャン・コー会長が来日し、11月17日に東京都庁を訪問。小池百合子都知事と面会した。

2025年の世界選手権開催地が東京に決まったことを受け、WAのコー会長、ジョン・リジョンCEO、ダントン
・オデンダールCCOが来日。小池都知事と、日本陸連の尾縣貢会長、風間明専務理事を交えて面会し、東京世界選手権に向けての準備について話し合った。

広告の下にコンテンツが続きます

冒頭のみ報道陣に公開され、小池都知事はあいさつの後、昨年の東京五輪について「WAの皆様たち、多くの関係者のご協力に感謝差し上げます」と改めて大会実施の感謝を伝えた。

また東京世界選手権に向けて、「アスリート、観客、多くの方々に楽しんでいただける都市としての魅力を世界に伝えられるチャンス。WAのみなさん、日本陸連と密に連携して大会の成功に導きたい」と話し、「国立競技場が満員の観客で応援する姿、世界最高水準の素晴らしいパフォーマンスを見られることを楽しみにしています」と伝えた。

尾縣会長は「東京を選んでいただいて感謝申し上げます」とあいさつし、「成功裏に終わるよう、東京都と連携して運営組織の準備を進めていきます」と決意を述べた。

2人の言葉を受け、コー会長は「1年前にオリンピックが行われた素晴らしい都市。(世界選手権開催地決定に際し)大会を成功裏に終わらせてくれるレガシーがあるから大丈夫」と太鼓判を押す。

広告の下にコンテンツが続きます

開催する上で「透明性の高い大会にしたい」とし、そのために「コミュニケーションを高めて」と強調。「日本陸連などと3年間、密に連携を取っていきたい」と話し、「1991年に開催していますが、過去の大会の中で一番良い大会を日本で開催していただきたい」と語った。

2025年世界選手権の開催地として、日本陸連は今年5月に立候補を正式に表明。7月に東京が開催地になることが決定した。日本での開催は1991年東京、2007年大阪に続いて3回目となる。

世界陸連(WA)のセバスチャン・コー会長が来日し、11月17日に東京都庁を訪問。小池百合子都知事と面会した。 2025年の世界選手権開催地が東京に決まったことを受け、WAのコー会長、ジョン・リジョンCEO、ダントン ・オデンダールCCOが来日。小池都知事と、日本陸連の尾縣貢会長、風間明専務理事を交えて面会し、東京世界選手権に向けての準備について話し合った。 冒頭のみ報道陣に公開され、小池都知事はあいさつの後、昨年の東京五輪について「WAの皆様たち、多くの関係者のご協力に感謝差し上げます」と改めて大会実施の感謝を伝えた。 また東京世界選手権に向けて、「アスリート、観客、多くの方々に楽しんでいただける都市としての魅力を世界に伝えられるチャンス。WAのみなさん、日本陸連と密に連携して大会の成功に導きたい」と話し、「国立競技場が満員の観客で応援する姿、世界最高水準の素晴らしいパフォーマンスを見られることを楽しみにしています」と伝えた。 尾縣会長は「東京を選んでいただいて感謝申し上げます」とあいさつし、「成功裏に終わるよう、東京都と連携して運営組織の準備を進めていきます」と決意を述べた。 2人の言葉を受け、コー会長は「1年前にオリンピックが行われた素晴らしい都市。(世界選手権開催地決定に際し)大会を成功裏に終わらせてくれるレガシーがあるから大丈夫」と太鼓判を押す。 開催する上で「透明性の高い大会にしたい」とし、そのために「コミュニケーションを高めて」と強調。「日本陸連などと3年間、密に連携を取っていきたい」と話し、「1991年に開催していますが、過去の大会の中で一番良い大会を日本で開催していただきたい」と語った。 2025年世界選手権の開催地として、日本陸連は今年5月に立候補を正式に表明。7月に東京が開催地になることが決定した。日本での開催は1991年東京、2007年大阪に続いて3回目となる。 [gallery order="DESC" link="file" ids="85818,85817,85816"]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

パリ五輪女子マラソン補欠・細田あいが10000m日本人トップ!32分18秒02で復帰レース好走/中国実業団

第62回中国実業団選手権(5月11日、18日~19日/広島・三次)の2日目が行われ、女子10000mはムワンギ・レベッカ(ダイソー)が32分00秒69で優勝。日本人トップの2位に続いたのが細田あい(エディオン)で、32分 […]

NEWS 【男子ハンマー投】アツオビン・アンドリュウ(花園高3)67m37=高校歴代7位

2024.05.18

【男子ハンマー投】アツオビン・アンドリュウ(花園高3)67m37=高校歴代7位

南丹春季強化記録会(4月29日/京都・丹波自然公園陸上競技場)高校男子ハンマー投で、アツオビン・アンドリュウ(花園3京都)が高校歴代7位の67m37を放った。 今季は2月から自己記録を更新しているアツオビン。これまでの自 […]

NEWS 橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇 […]

NEWS 田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top