HOME 国内

2022.11.16

飯塚翔太がバングラデシュ訪問し子供たちと交流「能力高い子がたくさん」モチベーション高め来季の活躍誓う
飯塚翔太がバングラデシュ訪問し子供たちと交流「能力高い子がたくさん」モチベーション高め来季の活躍誓う

男子短距離日本代表の飯塚翔大(ミズノ)が、11月13日から17日まで、バングラデシュに訪問し、16日に現地からリモートで活動について報告会見を行った。

2022年に日本との外交関係樹立50周年となることに際し、独立行政法人国立協力機構(JICA)が主催した公式事業の一環として、今回、飯塚とパーソナルコーチを務める豊田裕浩氏(中大コーチ)が訪れることに。

JICAでは1973年から2015年まで1284人のボランティアを派遣、そのうち約1割がスポーツ関連だったという。同国の情勢によりしばらく停止していたが、将来的な再開・継続を視野に入れ、「海外で活躍する選手にきてもらいたい」と飯塚に声がかかった。

現地では「小学校を訪問したり、小中学生との交流、オリンピアンとの対談、オリンピック委員会表敬訪問、そして若手エリート選手と一緒に走るなどしました」(飯塚)と報告。JICAバングラデシュ事務所の市口知英所長が「朝早くから夜まで活動してくれて感謝しています」と話すように、精力的に交流を図った。

飯塚は中学生やエリート選手への陸上教室では「僕がやっているウォーミングアップなどを一緒にやって、能力の高い子もたくさんいて、かなり伸びそうな気配がありました」と言い、「子供たちと走ったり触れ合ったりすることでモチベーションが上がりました」と笑顔を見せる。

これまでにも、2013年から交流のある友人でありオリンピック代表のシブシソ・マツェンジワとの縁から、アフリカ大陸南部のエスワティニ(旧・スワジランド)に18年に赴き、現地で陸上教室を開いたこともある。「アジアは初めてですが、1回きりになるのではなく、できるだけ貢献していきたいです」と今後の国際交流に意欲的だ。

飯塚は今夏のオレゴン世界選手権200mで準決勝に進出。シーズンオフで今後は冬季トレーニングに入る。「来年はブダペスト世界選手権があります。来年もしっかり出て、決勝に出られるように。また、その次のパリ五輪、東京世界選手権と活躍できるように頑張ります」と気持ちを高めていた。

男子短距離日本代表の飯塚翔大(ミズノ)が、11月13日から17日まで、バングラデシュに訪問し、16日に現地からリモートで活動について報告会見を行った。 2022年に日本との外交関係樹立50周年となることに際し、独立行政法人国立協力機構(JICA)が主催した公式事業の一環として、今回、飯塚とパーソナルコーチを務める豊田裕浩氏(中大コーチ)が訪れることに。 JICAでは1973年から2015年まで1284人のボランティアを派遣、そのうち約1割がスポーツ関連だったという。同国の情勢によりしばらく停止していたが、将来的な再開・継続を視野に入れ、「海外で活躍する選手にきてもらいたい」と飯塚に声がかかった。 現地では「小学校を訪問したり、小中学生との交流、オリンピアンとの対談、オリンピック委員会表敬訪問、そして若手エリート選手と一緒に走るなどしました」(飯塚)と報告。JICAバングラデシュ事務所の市口知英所長が「朝早くから夜まで活動してくれて感謝しています」と話すように、精力的に交流を図った。 飯塚は中学生やエリート選手への陸上教室では「僕がやっているウォーミングアップなどを一緒にやって、能力の高い子もたくさんいて、かなり伸びそうな気配がありました」と言い、「子供たちと走ったり触れ合ったりすることでモチベーションが上がりました」と笑顔を見せる。 これまでにも、2013年から交流のある友人でありオリンピック代表のシブシソ・マツェンジワとの縁から、アフリカ大陸南部のエスワティニ(旧・スワジランド)に18年に赴き、現地で陸上教室を開いたこともある。「アジアは初めてですが、1回きりになるのではなく、できるだけ貢献していきたいです」と今後の国際交流に意欲的だ。 飯塚は今夏のオレゴン世界選手権200mで準決勝に進出。シーズンオフで今後は冬季トレーニングに入る。「来年はブダペスト世界選手権があります。来年もしっかり出て、決勝に出られるように。また、その次のパリ五輪、東京世界選手権と活躍できるように頑張ります」と気持ちを高めていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top