HOME 国内

2022.11.13

企画した大迫傑は手応え「競技的にも価値がある大会。全国で開催できる準備を」/The Fst in Fukuoka 2022
企画した大迫傑は手応え「競技的にも価値がある大会。全国で開催できる準備を」/The Fst in Fukuoka 2022

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園)

この大会は、海外を拠点に長年研鑽を積んできた大迫傑(Nike)の思いが詰まっている。

海外では頻繁に開催されている中距離のロードレース。だが、日本となると、駅伝だったりマラソン、ハーフマラソンなどが中心となり、あまり実施されない。「これから世界で活躍するためには、11月、12月もしっかりトラックに生きるようなスピードを磨かないといけないと思っています。そういう思いで、ロードレース、しかも短い距離で企画しました」と大迫。自らが実行委員会会長を務め、開催に踏み切った。

大会には、約160人がエントリー。国内ではほとんど実施されない1マイル(1.60934km)には、東京五輪男子1500m7位入賞のスチュワート・マクスウィン(豪州)ら海外選手や、田中希実(豊田自動織機)、飯澤千翔(東海大)、金子魅玖人(中大)ら中距離の国内トップ選手も出場した。また、中学生や高校生、大学生も部門別に区切ってレースに挑んだ。

5kmでは、男子で遠藤日向(住友電工)が13分50秒、女子は田中が15分34秒でそれぞれ日本記録を更新。また、パラアスリート部門(T11、T12)も設け、大会委員で東京パラリンピック女子マラソンT12金メダリストの道下美里(三井住友海上)が表彰式で選手を労った。

レースの解説を務めたり、表彰式でプレゼンターを担ったりと、運営に携わった大迫は「気温が高く5kmの選手にはタフなコンディションでしたが、日本記録が2つ出て良かったです。実施してみて、改めて、競技的にも価値のある大会になったと思いました。今年で終わりにするのではなく、全国で開催できるように準備していきたい」と話した。

また、普段は福岡の市民ランナーが集う大濠公園で、日本記録が誕生したことについても言及。「選手と近い距離で実施できたので、観客にスピード感を味わってもらえたも良かったし、選手にとっても声援は力になりました。市民の方々が普段走っているコースをトップが激走することで何か感じてほしいし、市民ランナーが多い場所を、こうやって使わせてもらえたことにも感謝しています」。

今後も継続する方針で、地域ファーストの大会、記録を狙う大会など、多様なコンセプトで実施される。

■The Fst in Fukuoka 2022各種目別優勝者
●男子
▼中学1マイル
1位 近藤優羽(CZアスリートクラブ)4.35
▼1マイル
1位 スチュワート・マクスウィン(豪州)4.00
2位 金子魅玖人(中大)4.04
▼5km
1位 ベナード・コエチ(九電工)13.21
7位 遠藤日向(住友電工)13.50=日本新
▼ブラインド5km
1位 唐澤剣也(SUBARU/伴走者・小林光二)15.24

●女子
▼中学1マイル
1位 隅田美月(大塚中)5.09
▼高校1マイル
1位 鶴留心奈(福岡女学院高)5.26
▼1マイル
1位 ジョージア・グリフィス(豪州)4.34
2位 田中希実(豊田自動織機)4.35
▼5km
1位 テレシア・ムッソー二(ダイソー)15.22
2位 田中希実(豊田自動織機)15.34=日本新
▼ブラインド5km
1位 西村千香(岸和田健康グラブ/伴走者・田端久嗣)20.25

文/田端慶子

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園) この大会は、海外を拠点に長年研鑽を積んできた大迫傑(Nike)の思いが詰まっている。 海外では頻繁に開催されている中距離のロードレース。だが、日本となると、駅伝だったりマラソン、ハーフマラソンなどが中心となり、あまり実施されない。「これから世界で活躍するためには、11月、12月もしっかりトラックに生きるようなスピードを磨かないといけないと思っています。そういう思いで、ロードレース、しかも短い距離で企画しました」と大迫。自らが実行委員会会長を務め、開催に踏み切った。 大会には、約160人がエントリー。国内ではほとんど実施されない1マイル(1.60934km)には、東京五輪男子1500m7位入賞のスチュワート・マクスウィン(豪州)ら海外選手や、田中希実(豊田自動織機)、飯澤千翔(東海大)、金子魅玖人(中大)ら中距離の国内トップ選手も出場した。また、中学生や高校生、大学生も部門別に区切ってレースに挑んだ。 5kmでは、男子で遠藤日向(住友電工)が13分50秒、女子は田中が15分34秒でそれぞれ日本記録を更新。また、パラアスリート部門(T11、T12)も設け、大会委員で東京パラリンピック女子マラソンT12金メダリストの道下美里(三井住友海上)が表彰式で選手を労った。 レースの解説を務めたり、表彰式でプレゼンターを担ったりと、運営に携わった大迫は「気温が高く5kmの選手にはタフなコンディションでしたが、日本記録が2つ出て良かったです。実施してみて、改めて、競技的にも価値のある大会になったと思いました。今年で終わりにするのではなく、全国で開催できるように準備していきたい」と話した。 また、普段は福岡の市民ランナーが集う大濠公園で、日本記録が誕生したことについても言及。「選手と近い距離で実施できたので、観客にスピード感を味わってもらえたも良かったし、選手にとっても声援は力になりました。市民の方々が普段走っているコースをトップが激走することで何か感じてほしいし、市民ランナーが多い場所を、こうやって使わせてもらえたことにも感謝しています」。 今後も継続する方針で、地域ファーストの大会、記録を狙う大会など、多様なコンセプトで実施される。 ■The Fst in Fukuoka 2022各種目別優勝者 ●男子 ▼中学1マイル 1位 近藤優羽(CZアスリートクラブ)4.35 ▼1マイル 1位 スチュワート・マクスウィン(豪州)4.00 2位 金子魅玖人(中大)4.04 ▼5km 1位 ベナード・コエチ(九電工)13.21 7位 遠藤日向(住友電工)13.50=日本新 ▼ブラインド5km 1位 唐澤剣也(SUBARU/伴走者・小林光二)15.24 ●女子 ▼中学1マイル 1位 隅田美月(大塚中)5.09 ▼高校1マイル 1位 鶴留心奈(福岡女学院高)5.26 ▼1マイル 1位 ジョージア・グリフィス(豪州)4.34 2位 田中希実(豊田自動織機)4.35 ▼5km 1位 テレシア・ムッソー二(ダイソー)15.22 2位 田中希実(豊田自動織機)15.34=日本新 ▼ブラインド5km 1位 西村千香(岸和田健康グラブ/伴走者・田端久嗣)20.25 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top