HOME 高校

2022.10.31

筑紫女学園がライバル対決制し3年ぶりV 男子は福岡第一が中盤の逆転劇で初の都大路/福岡県高校駅伝
筑紫女学園がライバル対決制し3年ぶりV 男子は福岡第一が中盤の逆転劇で初の都大路/福岡県高校駅伝


福岡県高校駅伝は10月30日、嘉麻総合運動公園周辺コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は筑紫女学園が1時間9分37秒で3年ぶりに制し、3年ぶり27回目の全国切符を獲得。男子(7区間42.195km)は福岡第一が2時間8分21秒で初優勝し、悲願の都大路出場を決めた。

筑紫女学園は、2年連続全国大会出場を狙う北九州市立とのライバル対決を制した。1区こそ26秒差遅れの2位発進だったが、2区北野寧々(3年)が8秒差まで接近。3区のルーキー・金森詩絵菜が逆転すると、その後もトップを守った。終わってみれば2区以降は4連続区間賞で、北九州市立を28秒抑えた。

長尾育子監督は「ここで(県代表に)戻れなかったら、もう戻れないのではないかと思う時期もありましたので、1人15秒ずつ強くなろうと声をかけ、みんなでレベルアップを図ってきました。『よくやった』の一言に尽きます」と選手を称えた。

福岡第一は大牟田や自由ケ丘など実績のある強豪を抑えた。1区5位から2区では2位に浮上。だが、先頭の大牟田とは59秒差で、中山徹監督は「正直、追いつくのは厳しい」と思うほどだった。

だが、「打倒・大牟田を合言葉に練習してきた」と言う選手たちは猛追する。3区の船津類生(2年)が区間賞で35秒差まで追い上げると、4区の濵村怜央(3年)も区間賞で大牟田を逆転して10秒リード。5区で2秒差まで縮められたが、6区の田中裕馬(3年)が20秒差まで広げ、1年生アンカーの辻誉が区間賞でうれしい優勝テープを切った。

中学時代に全国大会に出た選手は1人のみ。メンバーの中に今夏のインターハイ出場者はいないものの、選手たちは「ロードで、集団で戦えば勝負できる」と駅伝に懸けてきた。

中山監督は「コロナ禍で留学生が来日できないなか、日本人選手だけで初の全国大会出場を決めたことが一番うれしいです。県代表として恥ずかしい走りはできないので、8位入賞を目指したい」と話していた。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/田端慶子

福岡県高校駅伝は10月30日、嘉麻総合運動公園周辺コースで行われ、女子(5区間21.0975km)は筑紫女学園が1時間9分37秒で3年ぶりに制し、3年ぶり27回目の全国切符を獲得。男子(7区間42.195km)は福岡第一が2時間8分21秒で初優勝し、悲願の都大路出場を決めた。 筑紫女学園は、2年連続全国大会出場を狙う北九州市立とのライバル対決を制した。1区こそ26秒差遅れの2位発進だったが、2区北野寧々(3年)が8秒差まで接近。3区のルーキー・金森詩絵菜が逆転すると、その後もトップを守った。終わってみれば2区以降は4連続区間賞で、北九州市立を28秒抑えた。 長尾育子監督は「ここで(県代表に)戻れなかったら、もう戻れないのではないかと思う時期もありましたので、1人15秒ずつ強くなろうと声をかけ、みんなでレベルアップを図ってきました。『よくやった』の一言に尽きます」と選手を称えた。 福岡第一は大牟田や自由ケ丘など実績のある強豪を抑えた。1区5位から2区では2位に浮上。だが、先頭の大牟田とは59秒差で、中山徹監督は「正直、追いつくのは厳しい」と思うほどだった。 だが、「打倒・大牟田を合言葉に練習してきた」と言う選手たちは猛追する。3区の船津類生(2年)が区間賞で35秒差まで追い上げると、4区の濵村怜央(3年)も区間賞で大牟田を逆転して10秒リード。5区で2秒差まで縮められたが、6区の田中裕馬(3年)が20秒差まで広げ、1年生アンカーの辻誉が区間賞でうれしい優勝テープを切った。 中学時代に全国大会に出た選手は1人のみ。メンバーの中に今夏のインターハイ出場者はいないものの、選手たちは「ロードで、集団で戦えば勝負できる」と駅伝に懸けてきた。 中山監督は「コロナ禍で留学生が来日できないなか、日本人選手だけで初の全国大会出場を決めたことが一番うれしいです。県代表として恥ずかしい走りはできないので、8位入賞を目指したい」と話していた。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top