HOME 高校

2022.10.31

鳥栖工が13連覇で47回目の都大路 女子は白石が4年連続10回目の全国へ/佐賀県高校駅伝
鳥栖工が13連覇で47回目の都大路 女子は白石が4年連続10回目の全国へ/佐賀県高校駅伝

佐賀県高校駅伝は10月30日、佐賀市の市立スポーツパーク川副発着九州国際空港周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は鳥栖工が2時間12分12秒で13年連続46回目の都大路出場を決めた。女子(5区間21.0975km)は白石が1時間13分28秒で制し、3年連続9回目の全国切符を手にした。

男子は1区こそ唐津工の光岡和哉(3年)が制したが、3秒差の2位だった鳥栖工は2区の石川蒼大(1年)が区間賞で首位奪還。その後の5区間も区間トップで後続との差を広げた。2位は1分31秒差で白石。唐津工は3位だった。

広告の下にコンテンツが続きます

女子の前半は、佐賀清和が1区の弓山彩乃(3年)と2区の保楊枝乃綾(3年)の連続区間賞で先手を取る展開。白石は3区の中島遥音(2年)から反撃に転じ、4区の前田穂乃香(3年)が先頭に立つと、5区の山口綾(2年)が優勝テープを切った。3区以降は3連続区間賞で2位の佐賀清和に38秒先着した。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

佐賀県高校駅伝は10月30日、佐賀市の市立スポーツパーク川副発着九州国際空港周回コースで行われ、男子(7区間42.195km)は鳥栖工が2時間12分12秒で13年連続46回目の都大路出場を決めた。女子(5区間21.0975km)は白石が1時間13分28秒で制し、3年連続9回目の全国切符を手にした。 男子は1区こそ唐津工の光岡和哉(3年)が制したが、3秒差の2位だった鳥栖工は2区の石川蒼大(1年)が区間賞で首位奪還。その後の5区間も区間トップで後続との差を広げた。2位は1分31秒差で白石。唐津工は3位だった。 女子の前半は、佐賀清和が1区の弓山彩乃(3年)と2区の保楊枝乃綾(3年)の連続区間賞で先手を取る展開。白石は3区の中島遥音(2年)から反撃に転じ、4区の前田穂乃香(3年)が先頭に立つと、5区の山口綾(2年)が優勝テープを切った。3区以降は3連続区間賞で2位の佐賀清和に38秒先着した。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

NEWS 【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

2024.04.13

【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

【大会結果】第32回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会(2024年4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) ●男子 GP800m  髙梨有仁(関大)       1分48秒96 GP1500m  G.アブラハム(阿見AC) […]

NEWS 女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

2024.04.13

女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子800mは久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が田中希実(New Balance)を抑えて、 […]

NEWS 三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top