HOME 駅伝

2022.10.30

立命大6年ぶりの2位!主将・飛田「続けてきて良かった」/全日本大学女子駅伝
立命大6年ぶりの2位!主将・飛田「続けてきて良かった」/全日本大学女子駅伝

◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km)

第40回全日本大学女子駅伝が10月30日に行われ、2時間5分42秒の2位に立命大が入った。

これまで10回の優勝を誇る名門。だが、近年は名城大に覇権を奪われ続けて至近2年は4位と悔しさを味わっていた。それから1年。2016年以来の2位と復活の兆しを見せた。

エース区間の5区を務めたのは主将の飛田凜香。「4位が続いていたのでどうにかしたい」と3年時から主将を務める。その飛田は区間2位の好走でしっかりチームを牽引。「うまくいかないことが多かったですが、主将として続けて良かったです」と充実の表情を浮かべる。

「直前まで誰が走るかわからなくて悩むほど充実していました」と飛田。前半区間は下級生中心となり、「5、6区には4年生がいるから楽しんで走ってきて」と送り出した。

1区はルーキーの村松結が務め、昨年末の全国高校駅伝でも1区でともに走った名城大・米澤奈々香に序盤は食らいついた。区間2位の好走でタスキをつなぐ。

2区は10000m競歩でU20世界選手権で銅メダルを獲得している柳井綾音が入った。夏に『歩き』で世界と渡り合った柳井が今度は『走り』で魅せて区間7位。3区・村松灯、4区・外間礼那もしっかり役割を果たした。アンカーの平岡美帆も含め、全員が区間ひとケタ。悔しさがありつつも「今の力を発揮できて取れた2位」と飛田は胸を張った。

立命大はこれで20回目のトップ3入りとなる。それでもかつて最強時代を誇っていた名門にとって、やはり目標は日本一。「富士山でリベンジしたい」(飛田)と、12月の富士山女子駅伝での逆襲を誓った。

◇第40回全日本大学女子駅伝(10月30日/宮城・6区間38.1km) 第40回全日本大学女子駅伝が10月30日に行われ、2時間5分42秒の2位に立命大が入った。 これまで10回の優勝を誇る名門。だが、近年は名城大に覇権を奪われ続けて至近2年は4位と悔しさを味わっていた。それから1年。2016年以来の2位と復活の兆しを見せた。 エース区間の5区を務めたのは主将の飛田凜香。「4位が続いていたのでどうにかしたい」と3年時から主将を務める。その飛田は区間2位の好走でしっかりチームを牽引。「うまくいかないことが多かったですが、主将として続けて良かったです」と充実の表情を浮かべる。 「直前まで誰が走るかわからなくて悩むほど充実していました」と飛田。前半区間は下級生中心となり、「5、6区には4年生がいるから楽しんで走ってきて」と送り出した。 1区はルーキーの村松結が務め、昨年末の全国高校駅伝でも1区でともに走った名城大・米澤奈々香に序盤は食らいついた。区間2位の好走でタスキをつなぐ。 2区は10000m競歩でU20世界選手権で銅メダルを獲得している柳井綾音が入った。夏に『歩き』で世界と渡り合った柳井が今度は『走り』で魅せて区間7位。3区・村松灯、4区・外間礼那もしっかり役割を果たした。アンカーの平岡美帆も含め、全員が区間ひとケタ。悔しさがありつつも「今の力を発揮できて取れた2位」と飛田は胸を張った。 立命大はこれで20回目のトップ3入りとなる。それでもかつて最強時代を誇っていた名門にとって、やはり目標は日本一。「富士山でリベンジしたい」(飛田)と、12月の富士山女子駅伝での逆襲を誓った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top