HOME 国内

2022.10.09

十種競技の奥田啓祐が日本歴代3位の8008点! 日本人3人目の8000点オーバー/中京大土曜競技会
十種競技の奥田啓祐が日本歴代3位の8008点! 日本人3人目の8000点オーバー/中京大土曜競技会

奥田啓祐


10月8日、9日の両日、愛知県豊田市の中京大梅村陸上競技場で中京大土曜競技会が行われ、男子十種競技の奥田啓祐(第一学院高教)が日本歴代3位の8008点をマーク。奥田のこれまでのベストは昨年の日本選手権で出した7768点で、これを大幅に更新した。

奥田は最初の100mを自己記録(10秒56)に迫る、10秒58(+0.9)で滑り出すと、走幅跳(7m46/+1.4)、砲丸投(13m54)、走高跳(1m93)といずれも自己記録に迫るパフォーマンスを披露。初日を4228点で折り返した。2日目となった9日は悪天候にもかかわらず、7種目めの円盤投で自己新の43m56をスロー。その後も順調に加点し、最終の1500mを4分42秒89でまとめ、右代啓祐、中村明彦に次いで日本人3人目となる8000点の大台に乗せた。

広告の下にコンテンツが続きます

奥田は神奈川県出身の25歳。東京・駒大高時代はやり投を専門としていたが、東海大入学後に十種競技に転向した。大学卒業後、徐々に実績を伸ばし、昨年の日本選手権で2位入賞。今年の日本選手権で念願の全国初優勝を飾った。過去にはボブスレーにも挑戦し、五輪強化選手にも選ばれた実績を持つ。

■男子十種競技日本歴代10傑[2022.10. 9時点]
8308 右代 啓祐(スズキ浜松AC) 2014. 6. 1
8180 中村 明彦(スズキ浜松AC) 2016. 6.12
8008 奥田 啓祐(第一学院高教)  2022.10. 9
7995 金子 宗弘(ミズノ)     1993. 5.14
7871 松田 克彦(富士通)     1993. 6.12
7807 丸山 優真(住友電工)    2022. 5. 1
7803 田中 宏昌(モンテローザ)  2006. 6.25
7788 池田 大介(WIND UP AC)   2009. 8.20
7764 田上  駿(順大M2)    2021. 5. 3
7725 音部 拓仁(富士通)     2015. 7. 5

10月8日、9日の両日、愛知県豊田市の中京大梅村陸上競技場で中京大土曜競技会が行われ、男子十種競技の奥田啓祐(第一学院高教)が日本歴代3位の8008点をマーク。奥田のこれまでのベストは昨年の日本選手権で出した7768点で、これを大幅に更新した。 奥田は最初の100mを自己記録(10秒56)に迫る、10秒58(+0.9)で滑り出すと、走幅跳(7m46/+1.4)、砲丸投(13m54)、走高跳(1m93)といずれも自己記録に迫るパフォーマンスを披露。初日を4228点で折り返した。2日目となった9日は悪天候にもかかわらず、7種目めの円盤投で自己新の43m56をスロー。その後も順調に加点し、最終の1500mを4分42秒89でまとめ、右代啓祐、中村明彦に次いで日本人3人目となる8000点の大台に乗せた。 奥田は神奈川県出身の25歳。東京・駒大高時代はやり投を専門としていたが、東海大入学後に十種競技に転向した。大学卒業後、徐々に実績を伸ばし、昨年の日本選手権で2位入賞。今年の日本選手権で念願の全国初優勝を飾った。過去にはボブスレーにも挑戦し、五輪強化選手にも選ばれた実績を持つ。 ■男子十種競技日本歴代10傑[2022.10. 9時点] 8308 右代 啓祐(スズキ浜松AC) 2014. 6. 1 8180 中村 明彦(スズキ浜松AC) 2016. 6.12 8008 奥田 啓祐(第一学院高教)  2022.10. 9 7995 金子 宗弘(ミズノ)     1993. 5.14 7871 松田 克彦(富士通)     1993. 6.12 7807 丸山 優真(住友電工)    2022. 5. 1 7803 田中 宏昌(モンテローザ)  2006. 6.25 7788 池田 大介(WIND UP AC)   2009. 8.20 7764 田上  駿(順大M2)    2021. 5. 3 7725 音部 拓仁(富士通)     2015. 7. 5

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top