HOME 国内

2022.09.29

桐生祥秀が陸上教室などの活動再開を発表!大学2年から「潰瘍性大腸炎」発症も告白
桐生祥秀が陸上教室などの活動再開を発表!大学2年から「潰瘍性大腸炎」発症も告白

桐生祥秀(2022年日本選手権)

男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が自身の動画サイトを更新し、陸上教室などの活動を再開することを発表した。また、今季はレースに出場しないことを改めて語った。

動画内では、休養した経緯にも言及。「これまで1週間、陸上のことを考えないということはなかった」という桐生にとって、6位にとどまった日本選手権後から約3ヵ月もの間陸上から離れた時間は、「僕にとってはものすごく長かった」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

そのうえで、休むことを決断した主な理由として、2017年に日本人初の9秒台(9秒98)を出すまで「9秒台を誰が一番最初に出すか」というプレッシャーがかかり続けていたこと、そして「病気」を挙げた。

京都・洛南高3年の春に10秒01を出すまでは「陸上が楽しい」と感じていたが、その後は常に「9秒台を」求められる立場に。「10秒1台、10秒0台でため息が聞こえる」というスタジアムの雰囲気も含めて、「きつかった」と振り返る。

合わせて、大学2年時に「潰瘍性大腸炎(※)」を患ったことも明かした。当時、医師からは症状が出る一番の原因はストレスと言われたそうだが、前述の通り常に重圧にさらされる環境下にあり、「陸上をやっている中でストレスがないことはんて100%ない。俺の陸上人生、もう終わるのかな」とも思ったという。

当初は軽度の症状だったが、リオ五輪イヤーの2016年に悪化。血便はもちろんのこと、食事をしても身体に吸収できない状況に陥った。日本選手権100mで3位を確保し、初の五輪代表の座をつかむことはできたが、五輪本番が「今までで一番ひどかった」。100mが予選落ちしたことでSNS上で誹謗中傷を受け、さらにストレスがかかったそうだが、4×100mリレーで銀メダルを獲得できたことで「救われた。久々に自分の陸上を称賛してもらえた」という。

広告の下にコンテンツが続きます

「自分人生を変えてくれた出来事。あれを期に、(症状が)ましになっていったのかもしれない」

症状が収まってきたことで記録も安定し始め、2017年に9秒台を樹立するなどの成果を残した桐生。ただ、病気への対処法の1つとして陸上へのストレスをかけ過ぎないことを続けていたら、「陸上にのめり込めない」状況になっていたことに気がついた。

「試合に出ても『このぐらいの結果ならいいか』『代表に入れればノルマ達成かな』という考え方になっていた。それって上を目指す人の考え方じゃない」

心の中で「これじゃダメだ」とわかっていても、止められなかった。今年の日本選手権。自分が「陸上に興味がなくなっている」ことを真っ向から受け止め、休養を決断した。

広告の下にコンテンツが続きます

休養期間中は、いろいろな人と話したという。「リオの(4継)メンバーと『こういうことで悩んでる』ということを初めて相談したし、いろんな人に相談した。そういうことをしたのは初めてだったけど、良かったと思っています」。

まだ、今後どうしていくかの結論は出ていない。練習の準備は始めているが、東京五輪のようにどの試合を目指していくかという具体的なものは「決まっていない」。

だが、1つの目標はある。それは、「山縣さん(亮太/セイコー)の日本記録9秒95を超える」ことだ。

「楽しい陸上って何なのかを探しながらやっていきたい。陸上ってタイムを出すこともすごく楽しい。追い風に恵まれたレースでも、記録会でも何でもいいから、あの人の記録を超えたい」

広告の下にコンテンツが続きます

その思いは、まだ「ちょっとずつ出てきた」というレベル。「レースには来シーズンのどこかにはたぶん出ると思う」と話したが、それも心身が整えばということになるだろう。

それでも、長く抱えていた悩みを公表するという心境に至り、次への一歩を踏み出せるところまでたどりついたということは間違いない。

「待っていてください!」と締めくくった桐生祥秀が踏み出す新しい一歩を、楽しみに待ちたい。

※厚生労働省が指定する難病の1つ。大腸の粘膜に炎症が起きることによる原因不明の慢性の病気。主な症状は下痢や血便、腹痛、発熱、貧血など

広告の下にコンテンツが続きます
男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が自身の動画サイトを更新し、陸上教室などの活動を再開することを発表した。また、今季はレースに出場しないことを改めて語った。 動画内では、休養した経緯にも言及。「これまで1週間、陸上のことを考えないということはなかった」という桐生にとって、6位にとどまった日本選手権後から約3ヵ月もの間陸上から離れた時間は、「僕にとってはものすごく長かった」と言う。 そのうえで、休むことを決断した主な理由として、2017年に日本人初の9秒台(9秒98)を出すまで「9秒台を誰が一番最初に出すか」というプレッシャーがかかり続けていたこと、そして「病気」を挙げた。 京都・洛南高3年の春に10秒01を出すまでは「陸上が楽しい」と感じていたが、その後は常に「9秒台を」求められる立場に。「10秒1台、10秒0台でため息が聞こえる」というスタジアムの雰囲気も含めて、「きつかった」と振り返る。 合わせて、大学2年時に「潰瘍性大腸炎(※)」を患ったことも明かした。当時、医師からは症状が出る一番の原因はストレスと言われたそうだが、前述の通り常に重圧にさらされる環境下にあり、「陸上をやっている中でストレスがないことはんて100%ない。俺の陸上人生、もう終わるのかな」とも思ったという。 当初は軽度の症状だったが、リオ五輪イヤーの2016年に悪化。血便はもちろんのこと、食事をしても身体に吸収できない状況に陥った。日本選手権100mで3位を確保し、初の五輪代表の座をつかむことはできたが、五輪本番が「今までで一番ひどかった」。100mが予選落ちしたことでSNS上で誹謗中傷を受け、さらにストレスがかかったそうだが、4×100mリレーで銀メダルを獲得できたことで「救われた。久々に自分の陸上を称賛してもらえた」という。 「自分人生を変えてくれた出来事。あれを期に、(症状が)ましになっていったのかもしれない」 症状が収まってきたことで記録も安定し始め、2017年に9秒台を樹立するなどの成果を残した桐生。ただ、病気への対処法の1つとして陸上へのストレスをかけ過ぎないことを続けていたら、「陸上にのめり込めない」状況になっていたことに気がついた。 「試合に出ても『このぐらいの結果ならいいか』『代表に入れればノルマ達成かな』という考え方になっていた。それって上を目指す人の考え方じゃない」 心の中で「これじゃダメだ」とわかっていても、止められなかった。今年の日本選手権。自分が「陸上に興味がなくなっている」ことを真っ向から受け止め、休養を決断した。 休養期間中は、いろいろな人と話したという。「リオの(4継)メンバーと『こういうことで悩んでる』ということを初めて相談したし、いろんな人に相談した。そういうことをしたのは初めてだったけど、良かったと思っています」。 まだ、今後どうしていくかの結論は出ていない。練習の準備は始めているが、東京五輪のようにどの試合を目指していくかという具体的なものは「決まっていない」。 だが、1つの目標はある。それは、「山縣さん(亮太/セイコー)の日本記録9秒95を超える」ことだ。 「楽しい陸上って何なのかを探しながらやっていきたい。陸上ってタイムを出すこともすごく楽しい。追い風に恵まれたレースでも、記録会でも何でもいいから、あの人の記録を超えたい」 その思いは、まだ「ちょっとずつ出てきた」というレベル。「レースには来シーズンのどこかにはたぶん出ると思う」と話したが、それも心身が整えばということになるだろう。 それでも、長く抱えていた悩みを公表するという心境に至り、次への一歩を踏み出せるところまでたどりついたということは間違いない。 「待っていてください!」と締めくくった桐生祥秀が踏み出す新しい一歩を、楽しみに待ちたい。 ※厚生労働省が指定する難病の1つ。大腸の粘膜に炎症が起きることによる原因不明の慢性の病気。主な症状は下痢や血便、腹痛、発熱、貧血など

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top