HOME 国内

2022.09.20

やり投世界3位の北口榛花が凱旋「来年は狙ってメダルを」秋は国内で3試合予定
やり投世界3位の北口榛花が凱旋「来年は狙ってメダルを」秋は国内で3試合予定

女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル獲得、ダイヤモンドリーグ・ファイナル3位という快挙を成し遂げた北口榛花(JAL)が凱旋帰国し、羽田空港で帰国会見を行った。

到着ゲート前にはたくさんのカメラが待ち構える。「世界選手権から3ヵ月経っているので人がいるのかなと思っていまた」と笑い、「空港での会見は初めて。貴重な経験ができました」と初々しく話す。

オレゴンでの銅メダルとダイヤモンドリーグ・ファイナル3位はいずれも日本女子初の快挙。「世界選手権の3位は素直にうれしくて感情が爆発しましたが、ダイヤモンドリーグの3位はチャンピオンを狙いにいって3位だったので悔しさのほうが大きいです」と振り返る。

安定した結果を残せた要因に冬季トレーニングの充実を挙げるが、その一方で「これで63mならもっと飛ぶのになというもどかしさもある」と、自己記録66m00を更新できなかったモヤモヤも抱えたシーズンだった。

それでも、陸上を始めるもっと前からの「夢だった」という海外を飛び回った1年。ダイヤモンドリーグ転戦する中でパリなど「有名なところは行って、きれいな街並みを見られました」と語る。

海外転戦する中で、「それほど大きくない競技場で満席になる。選手と観客も近くて、そのほうが熱量があります」と日本との違いも感じ、「そういう立場になれるかはわかりませんが、日本の陸上の試合でも盛り上げ方を考えていけるようになれば」と言う。

今シーズン限りで世界記録保持者のバルボア・シュポターコヴァ(チェコ)や、世界選手権2位のカラ・ウィンガー(米国)が引退を表明している。「シュポターコヴァ選手は私がチェコにいった理由の一つでもありますし、ずっと目標。最後にたくさん試合ができて光栄でした」と北口。そうしたトップ選手の入れ替わりは『水物』と言われる女子やり投だけあって「顔ぶれが変わるのはよくあること。私もまだトップだと思っていません」と、『世界3位』になっても、おごりや慢心は一切ない。

秋は9月に全日本実業団対抗(23~25日/岐阜)、10月にアスレチックスチャレンジカップ(1、2日/新潟)、国体(6~10日/栃木)にエントリー。出場は状態を見ながらになるが、「今しか注目してもらえないと思うので、日本のファンのみなさんに会えるチャンス」と、世界の投げを披露する予定だ。

オレゴン世界選手権は「入賞を狙ってメダル」だったが、来年のブダペスト世界選手権は「メダルを狙って取りに行きたい」と北口。目標とするシュポターコヴァのように、70mを投げ、長く競技を続けるために。これからも焦らず、じっくりと北口らしいやり投を追求していく。

女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル獲得、ダイヤモンドリーグ・ファイナル3位という快挙を成し遂げた北口榛花(JAL)が凱旋帰国し、羽田空港で帰国会見を行った。 到着ゲート前にはたくさんのカメラが待ち構える。「世界選手権から3ヵ月経っているので人がいるのかなと思っていまた」と笑い、「空港での会見は初めて。貴重な経験ができました」と初々しく話す。 オレゴンでの銅メダルとダイヤモンドリーグ・ファイナル3位はいずれも日本女子初の快挙。「世界選手権の3位は素直にうれしくて感情が爆発しましたが、ダイヤモンドリーグの3位はチャンピオンを狙いにいって3位だったので悔しさのほうが大きいです」と振り返る。 安定した結果を残せた要因に冬季トレーニングの充実を挙げるが、その一方で「これで63mならもっと飛ぶのになというもどかしさもある」と、自己記録66m00を更新できなかったモヤモヤも抱えたシーズンだった。 それでも、陸上を始めるもっと前からの「夢だった」という海外を飛び回った1年。ダイヤモンドリーグ転戦する中でパリなど「有名なところは行って、きれいな街並みを見られました」と語る。 海外転戦する中で、「それほど大きくない競技場で満席になる。選手と観客も近くて、そのほうが熱量があります」と日本との違いも感じ、「そういう立場になれるかはわかりませんが、日本の陸上の試合でも盛り上げ方を考えていけるようになれば」と言う。 今シーズン限りで世界記録保持者のバルボア・シュポターコヴァ(チェコ)や、世界選手権2位のカラ・ウィンガー(米国)が引退を表明している。「シュポターコヴァ選手は私がチェコにいった理由の一つでもありますし、ずっと目標。最後にたくさん試合ができて光栄でした」と北口。そうしたトップ選手の入れ替わりは『水物』と言われる女子やり投だけあって「顔ぶれが変わるのはよくあること。私もまだトップだと思っていません」と、『世界3位』になっても、おごりや慢心は一切ない。 秋は9月に全日本実業団対抗(23~25日/岐阜)、10月にアスレチックスチャレンジカップ(1、2日/新潟)、国体(6~10日/栃木)にエントリー。出場は状態を見ながらになるが、「今しか注目してもらえないと思うので、日本のファンのみなさんに会えるチャンス」と、世界の投げを披露する予定だ。 オレゴン世界選手権は「入賞を狙ってメダル」だったが、来年のブダペスト世界選手権は「メダルを狙って取りに行きたい」と北口。目標とするシュポターコヴァのように、70mを投げ、長く競技を続けるために。これからも焦らず、じっくりと北口らしいやり投を追求していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top