HOME 国内

2022.09.20

リオ五輪代表の松下祐樹が9月25日の全日本実業団で現役引退へ「競技生活に後悔は一切ありません」
リオ五輪代表の松下祐樹が9月25日の全日本実業団で現役引退へ「競技生活に後悔は一切ありません」

ミズノは20日、男子400mハードルの松下祐樹(ミズノ)が9月23日から岐阜・長良川で開催する全日本実業団選手権で現役ラストレースに臨むことを発表した。

広告の下にコンテンツが続きます

松下はかつて混成競技を主戦場とし、神奈川・小田原高でインターハイの八種競技を制覇。順大でも十種競技で日本ジュニア選手権や日本インカレなどで全国タイトルを獲得したものの、4年時の2013年から400mハードルに取り組み始めた。翌14年にチームミズノアスレティックに所属してから本格的に400mハードルをメイン種目とすると、15年の北京世界選手権では準決勝に進出。ミズノトラッククラブ所属となった16年のリオ五輪でも出場を果たした。

近年は世界の舞台から遠ざかっていたが、30歳で迎えた今シーズンも5月に49秒97をマークし、日本選手権でも7位入賞するなど、若手の壁として立ちはだかった。

松下が出場する400mハードルは大会最終日の25日に予選・決勝が行われ、同レースでは同学年でともに日本のヨンパーを牽引してきた安部孝駿(ヤマダホールディングス)も現役引退を表明している。

◆松下コメント(全文ママ)
「ミズノで9年の競技者としての時間を過ごし、嬉しい事、その何倍も悔しい事や苦しい事がありました。ですが、これまで陸上を辞めたいと思ったことは一度もなく、常に前だけを向いて頑張ってくることが出来ました。それはミズノの最高のサポート、共に世界を目指したチームメイト、そしてなにより良い時も悪い時も変わらぬ声援を送って下さった皆様に背中を押していただいたからだと思っています。本当にありがとうございました。世界のファイナルという目標に届かなかった悔しさはありますが、これまでの競技生活に後悔は一切ありません。最高の競技生活でした」

広告の下にコンテンツが続きます

●松下祐樹の年次ベスト(400mハードル)
07年(高1) 55秒33
08年(高2) 52秒88
09年(高3) 53秒83
10年(大1)  ―
11年(大2) 53秒37
12年(大3) 51秒78
13年(大4) 49秒71
14年(社1) 50秒07
15年(社2) 49秒14
16年(社3) 49秒10
17年(社4) 49秒40
18年(社5) 49秒82
19年(社6) 49秒23
20年(社7) 50秒27
21年(社8) 49秒88
22年(社9) 49秒97

その他の自己ベスト
100m10秒93(13年)、400m47秒33(16年)、1500m4分23分49(13年)、110mH14秒24(13年)、走高跳1m93(12年)、棒高跳4m40(12年・13年)、走幅跳7m25(13年)、砲丸投10m34(13年)、円盤投33m53(13年)、やり投54m49(13年)、十種競技7508年(13年)、八種競技5789点(09年=当時・高校歴代2位/現12位)

ミズノは20日、男子400mハードルの松下祐樹(ミズノ)が9月23日から岐阜・長良川で開催する全日本実業団選手権で現役ラストレースに臨むことを発表した。 松下はかつて混成競技を主戦場とし、神奈川・小田原高でインターハイの八種競技を制覇。順大でも十種競技で日本ジュニア選手権や日本インカレなどで全国タイトルを獲得したものの、4年時の2013年から400mハードルに取り組み始めた。翌14年にチームミズノアスレティックに所属してから本格的に400mハードルをメイン種目とすると、15年の北京世界選手権では準決勝に進出。ミズノトラッククラブ所属となった16年のリオ五輪でも出場を果たした。 近年は世界の舞台から遠ざかっていたが、30歳で迎えた今シーズンも5月に49秒97をマークし、日本選手権でも7位入賞するなど、若手の壁として立ちはだかった。 松下が出場する400mハードルは大会最終日の25日に予選・決勝が行われ、同レースでは同学年でともに日本のヨンパーを牽引してきた安部孝駿(ヤマダホールディングス)も現役引退を表明している。 ◆松下コメント(全文ママ) 「ミズノで9年の競技者としての時間を過ごし、嬉しい事、その何倍も悔しい事や苦しい事がありました。ですが、これまで陸上を辞めたいと思ったことは一度もなく、常に前だけを向いて頑張ってくることが出来ました。それはミズノの最高のサポート、共に世界を目指したチームメイト、そしてなにより良い時も悪い時も変わらぬ声援を送って下さった皆様に背中を押していただいたからだと思っています。本当にありがとうございました。世界のファイナルという目標に届かなかった悔しさはありますが、これまでの競技生活に後悔は一切ありません。最高の競技生活でした」 ●松下祐樹の年次ベスト(400mハードル) 07年(高1) 55秒33 08年(高2) 52秒88 09年(高3) 53秒83 10年(大1)  ― 11年(大2) 53秒37 12年(大3) 51秒78 13年(大4) 49秒71 14年(社1) 50秒07 15年(社2) 49秒14 16年(社3) 49秒10 17年(社4) 49秒40 18年(社5) 49秒82 19年(社6) 49秒23 20年(社7) 50秒27 21年(社8) 49秒88 22年(社9) 49秒97 その他の自己ベスト 100m10秒93(13年)、400m47秒33(16年)、1500m4分23分49(13年)、110mH14秒24(13年)、走高跳1m93(12年)、棒高跳4m40(12年・13年)、走幅跳7m25(13年)、砲丸投10m34(13年)、円盤投33m53(13年)、やり投54m49(13年)、十種競技7508年(13年)、八種競技5789点(09年=当時・高校歴代2位/現12位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top