HOME 高校

2022.09.20

高校生が好記録続出 黒木海翔100m高2歴代5位の10秒29 西田有里800m2分06秒70 小川陽香3000m9分05秒46
高校生が好記録続出 黒木海翔100m高2歴代5位の10秒29 西田有里800m2分06秒70 小川陽香3000m9分05秒46


9月16日~20日にかけて、各地で高校の新人大会や記録会などが開催され、好記録が次々と生まれた。

福岡県高校新人(17日、20日)では男子短距離の黒木海翔(東福岡2)が快走。徳島インターハイ5位の実績を持つ100mでは、高校歴代10位タイ、高2歴代5位の10秒29(+1.4)で優勝すると、200mは自己記録に0.02秒差の21秒15(+1.7)で制した。また、女子短距離では井手口陽菜里(筑紫女学園2)が100mで自己新の11秒86(+1.1)、200mでは追い風参考ながら24秒07(+4.3)をマークした。

新潟県高校選抜(17日、18日)の男子100mでは鶴巻陽太(三条2)が自己新の10秒41(+0.1)、200mでも優勝(21秒45/-1.5)して2種目制覇。男子4×100mリレーでは新潟明訓が全員2年生でチームベストの40秒35をマーク。また、一般男子300mでは渡辺大星(開志国際3)が33秒55で勝っている。

熊本県高校新人女子100m(17日)では山形愛羽(熊本中央2)が自己タイの11秒78(+1.8)をマーク。岐阜県高校新人女子やり投(17日)では、インターハイ2位の櫻井希美(済美2)がセカンドベストタイの53m47を放った。広島県高校新人男子ハンマー投(17日)では尾濱太陽(西条農2)が自己新の61m48で制した。

近畿ユース選手権(16日~18日/兵庫)では、女子2年800mでインターハイ2位の西田有里(草津東・滋賀)が今季高校最高の2分06秒70で優勝。女子2年400mハードルはインターハイVの瀧野未来(京都橘)が58秒93で制した。男子1年3000m障害では長谷川大翔(須磨学園・兵庫)が高1歴代4位の9分12秒06をマーク。女子2年ハンマー投では嶋本美海(添上・奈良)が51m15を放った。

日体大長距離競技会(17日、18日/神奈川)初日の女子3000mでは、5組5着の小川陽香(順天3東京)が今季日本人高校リスト2位の9分05秒46をマーク。また6着の野田真理耶(北九州市立3福岡)も自己新の9分05秒85で駆け抜けた。なお、オレゴン世界選手権代表の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が8分56秒20が1着。廣中は約3時間半前に行われた1500m(4分21秒42)を経てこの日2レース目だった。

9月16日~20日にかけて、各地で高校の新人大会や記録会などが開催され、好記録が次々と生まれた。 福岡県高校新人(17日、20日)では男子短距離の黒木海翔(東福岡2)が快走。徳島インターハイ5位の実績を持つ100mでは、高校歴代10位タイ、高2歴代5位の10秒29(+1.4)で優勝すると、200mは自己記録に0.02秒差の21秒15(+1.7)で制した。また、女子短距離では井手口陽菜里(筑紫女学園2)が100mで自己新の11秒86(+1.1)、200mでは追い風参考ながら24秒07(+4.3)をマークした。 新潟県高校選抜(17日、18日)の男子100mでは鶴巻陽太(三条2)が自己新の10秒41(+0.1)、200mでも優勝(21秒45/-1.5)して2種目制覇。男子4×100mリレーでは新潟明訓が全員2年生でチームベストの40秒35をマーク。また、一般男子300mでは渡辺大星(開志国際3)が33秒55で勝っている。 熊本県高校新人女子100m(17日)では山形愛羽(熊本中央2)が自己タイの11秒78(+1.8)をマーク。岐阜県高校新人女子やり投(17日)では、インターハイ2位の櫻井希美(済美2)がセカンドベストタイの53m47を放った。広島県高校新人男子ハンマー投(17日)では尾濱太陽(西条農2)が自己新の61m48で制した。 近畿ユース選手権(16日~18日/兵庫)では、女子2年800mでインターハイ2位の西田有里(草津東・滋賀)が今季高校最高の2分06秒70で優勝。女子2年400mハードルはインターハイVの瀧野未来(京都橘)が58秒93で制した。男子1年3000m障害では長谷川大翔(須磨学園・兵庫)が高1歴代4位の9分12秒06をマーク。女子2年ハンマー投では嶋本美海(添上・奈良)が51m15を放った。 日体大長距離競技会(17日、18日/神奈川)初日の女子3000mでは、5組5着の小川陽香(順天3東京)が今季日本人高校リスト2位の9分05秒46をマーク。また6着の野田真理耶(北九州市立3福岡)も自己新の9分05秒85で駆け抜けた。なお、オレゴン世界選手権代表の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が8分56秒20が1着。廣中は約3時間半前に行われた1500m(4分21秒42)を経てこの日2レース目だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top