HOME 国内、大学

2022.09.11

最終日に筑波大が短距離制圧!鵜澤飛羽が200mV&マイル13年ぶり優勝/日本IC
最終日に筑波大が短距離制圧!鵜澤飛羽が200mV&マイル13年ぶり優勝/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、最終日の男子短距離で筑波大が躍動した。

前日の4×100mリレー優勝の勢いそのままに、最終日も『桐の葉』が輝いた。200mで鵜澤飛羽が優勝。20秒54(+1.6)の自己新だった。

「300mや350mの練習をしてきたので後半の走りにつながりました」。昨年の関東インカレ100mで左脚の付け根を肉離れ。それが「完治していない」というが、今季は少しずつ調子を戻してきた。関東インカレでも200m優勝、100m2位。日本選手権も200m4位に入賞した。

それでも「まだ全然行けますし、大学の日本一といってもまだまだ速い人がいます」と満足する様子はない。高2でインターハイ2冠をした逸材。「やっとここまで戻ってきました。冬でまた力をつけていきたい」と、来年のブダペスト世界選手権を目指していく。

最終種目の4×400mリレーは菅野航平、吉川崚、伊藤海斗、今泉堅貴のオーダーで3分04秒43で優勝。学生歴代3位の筑波大記録(3分04秒38)に迫る好タイムだった。

筑波大の優勝は13年ぶり。さらにリレー2冠となると40年ぶりだった。これにはメンバーも絶句し、「生まれるもっと前。言葉が出ません」と知らなかったという。

男子主将の伊藤は「短距離をしっかり強くしてチームを盛り上げたかった」と言い、吉川は「切磋琢磨という言葉がぴったり。練習からタイムでも勝負してきました」とチームの強さの秘訣を語る。

ただ1人4年生だった伊藤は「これに満足せず、来年以降も勝ち続けていってほしいです」と後輩たちに思いを託していた。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの3日目が行われ、最終日の男子短距離で筑波大が躍動した。 前日の4×100mリレー優勝の勢いそのままに、最終日も『桐の葉』が輝いた。200mで鵜澤飛羽が優勝。20秒54(+1.6)の自己新だった。 「300mや350mの練習をしてきたので後半の走りにつながりました」。昨年の関東インカレ100mで左脚の付け根を肉離れ。それが「完治していない」というが、今季は少しずつ調子を戻してきた。関東インカレでも200m優勝、100m2位。日本選手権も200m4位に入賞した。 それでも「まだ全然行けますし、大学の日本一といってもまだまだ速い人がいます」と満足する様子はない。高2でインターハイ2冠をした逸材。「やっとここまで戻ってきました。冬でまた力をつけていきたい」と、来年のブダペスト世界選手権を目指していく。 最終種目の4×400mリレーは菅野航平、吉川崚、伊藤海斗、今泉堅貴のオーダーで3分04秒43で優勝。学生歴代3位の筑波大記録(3分04秒38)に迫る好タイムだった。 筑波大の優勝は13年ぶり。さらにリレー2冠となると40年ぶりだった。これにはメンバーも絶句し、「生まれるもっと前。言葉が出ません」と知らなかったという。 男子主将の伊藤は「短距離をしっかり強くしてチームを盛り上げたかった」と言い、吉川は「切磋琢磨という言葉がぴったり。練習からタイムでも勝負してきました」とチームの強さの秘訣を語る。 ただ1人4年生だった伊藤は「これに満足せず、来年以降も勝ち続けていってほしいです」と後輩たちに思いを託していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top