HOME 国内

2022.08.20

100mH青木益未&福部真子の世界陸上代表勢が12秒台決着!同タイム12秒92も青木に軍配/福井ナイトゲームズ
100mH青木益未&福部真子の世界陸上代表勢が12秒台決着!同タイム12秒92も青木に軍配/福井ナイトゲームズ

◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム)

広告の下にコンテンツが続きます

今年で4回目の開催となった、Athlete Night Games in FUKUI2022の女子100mハードルは、歴史に残る一戦となった。

15時前には雷雨となるなど、厳しいコンディションとなった今大会。そんな悪天候を吹き飛ばしたのが、オレゴン世界選手権の準決勝に進出していた福部真子(日本建設工業)と青木益未(七十七銀行)の2人だった。

決勝で先行したのは前日本記録(12秒86)保持者の青木。それを中盤からグングンと福部が追いかける。2人が並んだところがフィニッシュライン。タイマーは12秒台を刻んだ。結果が出るまで会場中が息をのむ。

結果は……青木が制し、福部が2位と表示された。タイムはともに12秒92で、その差は0.007秒。昨年の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木に続き、2度目の日本人同士による12秒台決着となった。

広告の下にコンテンツが続きます

「12秒台が出てうれしいです」と青木。「悔しい」と苦笑いの福部は苦笑い。女子100mハードルのステージが一つ上がった瞬間だった。

「ぶつけては走って、と繰り返してしまった」と青木は振り返る。それでも「世界選手権以降は上体をコンパクトにしてロスなく」いく感覚を意識して取り組んできたといい、「まだ身体があおってしまう」が手応えをつかんだレースとなった。

一方の福部はオレゴンの準決勝で12秒82の日本新記録を樹立。帰国後は新型コロナウイルスの陽性反応が出てしばらくは「寝込んでいました」。体力はまだ戻っておらず、「練習の一環」という位置づけで復帰戦。「前日までは13秒5くらいかと思っていた」と言う状態だったが「予選を走って刺激が入った」と決勝につなげた。

国内で12秒台のレースを繰り広げられたことは「うれしい」と口をそろえる2人。楽しくもあり、もちろん「大変」(青木)でもある。ただ、そのハイレベルな切磋琢磨があるからこそ、12秒台が当たり前の状況になった。

広告の下にコンテンツが続きます

9月の全日本実業団対抗など、今季は残り数レースを予定している2人。福部が「12秒7台は見えてきそう」と話すように、発表された来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録12秒78を見据えてさらなるレベルアップを図っていく。

※一部、誤りを修正しました。

◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム) 今年で4回目の開催となった、Athlete Night Games in FUKUI2022の女子100mハードルは、歴史に残る一戦となった。 15時前には雷雨となるなど、厳しいコンディションとなった今大会。そんな悪天候を吹き飛ばしたのが、オレゴン世界選手権の準決勝に進出していた福部真子(日本建設工業)と青木益未(七十七銀行)の2人だった。 決勝で先行したのは前日本記録(12秒86)保持者の青木。それを中盤からグングンと福部が追いかける。2人が並んだところがフィニッシュライン。タイマーは12秒台を刻んだ。結果が出るまで会場中が息をのむ。 結果は……青木が制し、福部が2位と表示された。タイムはともに12秒92で、その差は0.007秒。昨年の寺田明日香(ジャパンクリエイト)と青木に続き、2度目の日本人同士による12秒台決着となった。 「12秒台が出てうれしいです」と青木。「悔しい」と苦笑いの福部は苦笑い。女子100mハードルのステージが一つ上がった瞬間だった。 「ぶつけては走って、と繰り返してしまった」と青木は振り返る。それでも「世界選手権以降は上体をコンパクトにしてロスなく」いく感覚を意識して取り組んできたといい、「まだ身体があおってしまう」が手応えをつかんだレースとなった。 一方の福部はオレゴンの準決勝で12秒82の日本新記録を樹立。帰国後は新型コロナウイルスの陽性反応が出てしばらくは「寝込んでいました」。体力はまだ戻っておらず、「練習の一環」という位置づけで復帰戦。「前日までは13秒5くらいかと思っていた」と言う状態だったが「予選を走って刺激が入った」と決勝につなげた。 国内で12秒台のレースを繰り広げられたことは「うれしい」と口をそろえる2人。楽しくもあり、もちろん「大変」(青木)でもある。ただ、そのハイレベルな切磋琢磨があるからこそ、12秒台が当たり前の状況になった。 9月の全日本実業団対抗など、今季は残り数レースを予定している2人。福部が「12秒7台は見えてきそう」と話すように、発表された来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録12秒78を見据えてさらなるレベルアップを図っていく。 ※一部、誤りを修正しました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top