月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本4×400mリレー2分59秒51!!日本の悲願初2分台で世界の4位に!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー決勝。日本は悲願の2分台突入となる2分59秒51のアジア新で4位入賞を果たした。

3分01秒53で2着通過した前日の予選と同じオーダー1走・佐藤風雅(那須環境技術センター)、2走・川端魁人(中京大クラブ)、3走ウォルシュ・ジュリアン(富士通)アンカー・中島佑気ジョセフ(東洋大)で世界に挑戦。メダル争いを繰り広げながら、2003年パリ大会の7位を上回る世界陸上最高成績、五輪を通じても2004年アテネ五輪の4位に並ぶ世界大会最高成績を残した。

タイムも1996年アトランタ五輪と昨年の東京五輪で出した3分00秒76の日本記録を、東京五輪でインドが作った3分00秒25のアジア記録を更新。日本初、アジアにとっても初となる2分台突入を果たした。

■男子4×400mR上位成績
1位 米 国       2分56秒17
(E.ゴッドウィン、M.ノーマン、B.デッドモン、C.アリソン)
2位 ジャマイカ     2分58秒58
3位 ベルギー      2分58秒72
4位 日 本       2分59秒51=アジア新
(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)
5位 トリニダードトバゴ 3分00秒03
5位 ボツワナ      3分00秒14
7位 フランス      3分01秒35
8位 チェコ       3分01秒63

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com