月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

アムサンが100mH12秒06で金メダル!!追い風参考ながら準決の世界記録上回る大記録/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル決勝。トビ・アムサン(ナイジェリア)が再び激走を見せ、追い風2.5mの参考記録ながら12秒06という大記録を樹立して金メダルを手にした。

わずか2時間弱前の準決勝で、この種目史上初の12秒1台(12秒12)を叩き出したばかりだが、決勝でそれをさらに上回るパフォーマンスを見せた。スタートは横一線だったが、中盤からじりじりと前に出る。終盤は完全に抜け出した。

1997年4月23日生まれの25歳。2018年英連邦大会優勝の実績はあるものの、これまで世界大会の最高成績は前回のドーハ大会、東京五輪の4位とメダルに手は届いていなかった。だが、今大会で世界記録、金メダルをいっぺんに手にしたアムサン。一躍、この種目の「女王」に君臨した。

■女子100mH(+2.5)上位成績
1位 トビ・アムサン(ナイジェリア)       12秒06
2位 ブリタニー・アンダーソン(ジャマイカ)   12秒23
3位 ジャスミン・カマチョ・クイン(プエルトリコ)12秒23
4位 アリア・アームストロング(米国)      12秒31
5位 シンディー・センバー(英国)        12秒38
6位 ダニエル・ウィリアムス(ジャマイカ)    12秒44
7位 デヴィン・チャールトン(バハマ)      12秒53
  ケンドラ・ハリソン(米国)         失格

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com