月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子マイルリレー 日本新&アジア新!2分59秒51!18年ぶり世界大会入賞の4位!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー決勝。予選と同じ佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)のオーダーで臨んだ日本は、2分59秒51の日本新記録、さらにアジア新記録を樹立して4位に入った。

佐藤が海外勢に必死に食らいつき、5番手争いを繰り広げる。そこから川端が前を追ってバトンをつないだ。

この時点で6位につけていたが、徐々に前との差を縮めていくウォルシュ。メダル争いに加わるほどの走りだった。

そしてアンカーの中島へ。やや前と引き離されるも、ラストまで粘り切って4位を死守。2004年アテネ五輪以来、18年ぶりの世界大会入賞を果たした。

大会9日目の予選では3分01秒53をマークして全体2位通過。2003年パリ大会以来19年ぶりに決勝進出を決めていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com