月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子35km競歩で果敢に飛び出した松永大介は後半失速し26位/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン) 最終日

オレゴン世界陸上最終日のモーニングセッションに行われた男子35km競歩。松永大介(富士通)が2時間33分56秒の26位でフィニッシュした。

号砲とともに飛び出した松永は、1km4分前後のハイペースで突き進み、2位集団との差を一時は1分以上にまで広げた。しかし、気温が上がるにつれペースを落とし20.8kmで集団に吸収されると、その後は先頭のペースについて行くことができず後退。

25kmで12位、30kmで21位と順位を下げたが、最後まで粘りきり5年ぶりの世界大会で死力を尽くした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com