HOME 国内、世界陸上、日本代表
北口榛花が銅メダル!!最終投てき63m27で劇的逆転、日本女子投てき初の快挙!/世界陸上
北口榛花が銅メダル!!最終投てき63m27で劇的逆転、日本女子投てき初の快挙!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子やり投決勝で、北口榛花(JAL)が63m27で銅メダルを獲得。五輪、世界陸上を通じて日本女子投てき初のメダリストとなった。

予選を64m32で堂々トップで臨んだファイナル。1投目を62m07で滑り出し、トップ8に進出。だが、なかなか記録を伸ばせない展開が続く。

5位で迎えた最終投てき。北口は渾身の一投を繰り出した。63m27で一気に2位へ浮上。続く米国選手に抜かれたが、3位が確定した。

前回のドーハ大会は予選落ち。昨年の東京五輪は日本人57年ぶりの決勝進出を果たしたが、決勝はケガの影響で12にとどまった。

だが、今季は世界最高峰のダイヤモンドリーグで優勝するなど、自信を取り戻して世界の舞台に戻り、そして世界のメダリストに。24歳の若きスロワーが高々と日の丸を掲げた。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目 オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子やり投決勝で、北口榛花(JAL)が63m27で銅メダルを獲得。五輪、世界陸上を通じて日本女子投てき初のメダリストとなった。 予選を64m32で堂々トップで臨んだファイナル。1投目を62m07で滑り出し、トップ8に進出。だが、なかなか記録を伸ばせない展開が続く。 5位で迎えた最終投てき。北口は渾身の一投を繰り出した。63m27で一気に2位へ浮上。続く米国選手に抜かれたが、3位が確定した。 前回のドーハ大会は予選落ち。昨年の東京五輪は日本人57年ぶりの決勝進出を果たしたが、決勝はケガの影響で12にとどまった。 だが、今季は世界最高峰のダイヤモンドリーグで優勝するなど、自信を取り戻して世界の舞台に戻り、そして世界のメダリストに。24歳の若きスロワーが高々と日の丸を掲げた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top