月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

北口榛花が銅メダル!!最終投てき63m27で劇的逆転、日本女子投てき初の快挙!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた女子やり投決勝で、北口榛花(JAL)が63m27で銅メダルを獲得。五輪、世界陸上を通じて日本女子投てき初のメダリストとなった。

予選を64m32で堂々トップで臨んだファイナル。1投目を62m07で滑り出し、トップ8に進出。だが、なかなか記録を伸ばせない展開が続く。

5位で迎えた最終投てき。北口は渾身の一投を繰り出した。63m27で一気に2位へ浮上。続く米国選手に抜かれたが、3位が確定した。

前回のドーハ大会は予選落ち。昨年の東京五輪は日本人57年ぶりの決勝進出を果たしたが、決勝はケガの影響で12にとどまった。

だが、今季は世界最高峰のダイヤモンドリーグで優勝するなど、自信を取り戻して世界の舞台に戻り、そして世界のメダリストに。24歳の若きスロワーが高々と日の丸を掲げた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com