月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5大会連続出場の棒高跳・山本聖途は5m65で予選敗退 2013年以来の決勝進出逃す/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた男子棒高跳予選に、5大会連続出場となる山本聖途(トヨタ自動車)が挑み、5m65で予選敗退となった。

5m30と5m50を一発でクリアした山本は、次の5m65も2回目で成功。屋外自己記録に並ぶ5m75を跳べば決勝進出が確定となったが、3回失敗に終わり、自身2度目の決勝進出を逃した。

山本は初出場だった2013年モスクワ大会で6位入賞を果たしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com