月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本男子4継「東京からの再出発」!失格ながら平均年齢22歳の新布陣で戦い抜く/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた男子4×100mR予選1組。日本は、「東京五輪途中棄権」からのリスタートを切った。

1走は24歳の坂井隆一郎(大阪ガス)、2走は23歳の鈴木涼太(スズキ)、3走は23歳の上山紘輝(住友電工)、アンカーは東洋大1年の18歳・栁田大輝。全員が世界陸上も五輪も出場経験がなく、平均年齢は22歳という新布陣。だが、坂井は100mで準決勝に進出、上山も200m予選で日本歴代9位の20秒26をマークしてセミファイナルに進むなど、個人で力を出し切った経験がある。

ただ、リレーチーム最年長の小池祐貴(住友電工)が新型コロナウイルス感染のため欠場を余儀なくされ、本来は2走に入る予定だった100m7位入賞のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)を疲労や脚の違和感から起用できなかった。同じ組には連覇が至上命題の地元・米国、前々回に地元優勝を飾った英国など、強豪がずらり。苦戦は十分に予想されていた。

1走の坂井が得意のスタートから米国に次ぐ2番手争いの位置で持ち込む。2走・鈴木は、米国が200m王者ノア・ライルズを投入するなど各国のエースが集う中でさすがにポジションを下げたが、粘りの走りを見せた。しかし、3走・上山へのバトンパスが乱れた。

3走・上山が個人と同じような快走を見せ、上位争いへと巻き返す。4番手争いでスタートした柳田も、後方から追い上げたガーナにはかわされたが、先行する中国を逆転して4着でフィニッシュした。プラス通過への可能性は残したとはいえ、タイムは38秒78。37秒台が当たり前となった日本チームにとっては、伸び悩んだと言っていい記録だ。

しかも、バトンパスが乱れた2走、3走間がオーバーゾーンだったと判定され、失格に。東京五輪に続いて記録を残せなかった。結果的に2組5着のブラジルが38秒41で、プラス通過にも届いていない。

それでも、それぞれが常にメダルを期待されるこの種目の重圧に耐え、初出場とは思えないほど力を出し切った。

「スタート自体はしっかりと切れたので良かった。後半は隣のレーンの選手を意識してちょっとだけスピード落としてしまったけどバトンはうまく渡せたかなと思う」(坂井)

「(事前に)話しはしたけど、バトンがうまくいかなかった。難しさを感じました」(鈴木)

「勝負する、メダルを狙っていましたが、自分のところでバトンをミスしてしまって悔しい。自分の力で勝負していかないといけないなと感じました」(上山)

「悔しい気持ちでいっぱい。ミスはあったけど、誰が悪いわけではない。僕ももっと調子を上げて、安心してもらえるような状態で臨めれば、もっと余裕を持って走れたのかなと思います」(栁田)

日本男子4継の中心を担ってきた桐生祥秀(日本生命)、山縣亮太(セイコー)、多田修平(住友電工)らが代表に名を連ねることができず、大会に入ってからも主力を欠く状況に陥った。速報で出たタイム、失格という結果だけを見れば、東京からの再出発はほろ苦いものだったかもしれない。

その中でも、若い芽が育ってきた兆しはある。個人種目で得た経験、リレーで味わった思いをそれぞれが糧にすること。さらには、この結果を他の選手が受け止めて今後につなげること。それができれば、来年のブダペスト世界陸上、再来年のパリ五輪、さらには2025年の東京世界陸上で、伝統のバトンパスが復活を遂げるはずだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com