HOME 国内、世界陸上、日本代表
400m日本王者・佐藤風雅は準決勝敗退「そもそものスピードが違った」リレーで奮起誓う/世界陸上
400m日本王者・佐藤風雅は準決勝敗退「そもそものスピードが違った」リレーで奮起誓う/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。今年の日本選手権を制している佐藤風雅(那須環境技術センター)が2組に入った。

予選は45秒88をマークし、記録で拾われるプラス2番目で準決勝に進出。その予選では「前半で力を使ってしまった」ことから、「その反省を生かしてリラックスして入りました」と言う。

だが、1レーンに入った佐藤の視界には海外選手がどんどんと加速する姿があった。「そもそものスピードが違って追いつけなかったです」。それでもラストまでしっかり粘り、45秒71で5着。予選よりもタイムを上げて見せた。

作新学院大で力をつけて、社会人4年目。今季は自己ベストを45秒40にまで短縮し、日本選手権も制した。国内では「前半から差をつける」レースで強さを見せてきた佐藤だが、それでも国際大会では通用せず。「100m、200mのスピードが足りない。秋には前半と200mのスピードを磨きたい」。世界を体感したからこそ、さらに上を目指すための指針ができた。

「準決勝、決勝で勝負するためにはやっぱり44秒台が必要」。長く止まっている高野進が出した日本記録44秒78を超えなければならない。それを肌で感じた初の世界大会だった。

佐藤の世界陸上はまだ終わらない。4×400mリレーでは1走となる見込み。「自分が流れを作って(ラップタイム)45秒前半で持ってきたい」と決勝へ向けて快走を見せるつもりだ。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目 オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。今年の日本選手権を制している佐藤風雅(那須環境技術センター)が2組に入った。 予選は45秒88をマークし、記録で拾われるプラス2番目で準決勝に進出。その予選では「前半で力を使ってしまった」ことから、「その反省を生かしてリラックスして入りました」と言う。 だが、1レーンに入った佐藤の視界には海外選手がどんどんと加速する姿があった。「そもそものスピードが違って追いつけなかったです」。それでもラストまでしっかり粘り、45秒71で5着。予選よりもタイムを上げて見せた。 作新学院大で力をつけて、社会人4年目。今季は自己ベストを45秒40にまで短縮し、日本選手権も制した。国内では「前半から差をつける」レースで強さを見せてきた佐藤だが、それでも国際大会では通用せず。「100m、200mのスピードが足りない。秋には前半と200mのスピードを磨きたい」。世界を体感したからこそ、さらに上を目指すための指針ができた。 「準決勝、決勝で勝負するためにはやっぱり44秒台が必要」。長く止まっている高野進が出した日本記録44秒78を超えなければならない。それを肌で感じた初の世界大会だった。 佐藤の世界陸上はまだ終わらない。4×400mリレーでは1走となる見込み。「自分が流れを作って(ラップタイム)45秒前半で持ってきたい」と決勝へ向けて快走を見せるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top