月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400m日本王者・佐藤風雅は準決勝敗退「そもそものスピードが違った」リレーで奮起誓う/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた男子400m準決勝。今年の日本選手権を制している佐藤風雅(那須環境技術センター)が2組に入った。

予選は45秒88をマークし、記録で拾われるプラス2番目で準決勝に進出。その予選では「前半で力を使ってしまった」ことから、「その反省を生かしてリラックスして入りました」と言う。

だが、1レーンに入った佐藤の視界には海外選手がどんどんと加速する姿があった。「そもそものスピードが違って追いつけなかったです」。それでもラストまでしっかり粘り、45秒71で5着。予選よりもタイムを上げて見せた。

作新学院大で力をつけて、社会人4年目。今季は自己ベストを45秒40にまで短縮し、日本選手権も制した。国内では「前半から差をつける」レースで強さを見せてきた佐藤だが、それでも国際大会では通用せず。「100m、200mのスピードが足りない。秋には前半と200mのスピードを磨きたい」。世界を体感したからこそ、さらに上を目指すための指針ができた。

「準決勝、決勝で勝負するためにはやっぱり44秒台が必要」。長く止まっている高野進が出した日本記録44秒78を超えなければならない。それを肌で感じた初の世界大会だった。

佐藤の世界陸上はまだ終わらない。4×400mリレーでは1走となる見込み。「自分が流れを作って(ラップタイム)45秒前半で持ってきたい」と決勝へ向けて快走を見せるつもりだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com