月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

北口榛花 1投目に64m32!全体トップで決勝進出 DL日本人初優勝の貫禄見せる/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子やり投予選B組に日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)が登場。1投目から64m32をマークし、予選通過記録(62m50)を突破して全体トップで決勝進出を決めた。

ピットに立った北口はいつも通り大きな声を出すとリズム良く助走。放ったやりは勢い良く飛んでいき、予選通過ラインを軽々と超えた。1投目で見事決勝進出を決め、全身で喜びを表して笑顔を見せる。19年ドーハ大会ではあと6cmで決勝進出を逃していたが、前回大会の雪辱を果たした。

北口は昨年の東京五輪でも決勝に進出するも、左脇腹を痛めて本来の力が出せず12位。今季は6月のダイヤモンドリーグ・パリ大会で日本人初の優勝を果たしており、世界からも注目を集めていた。

決勝は日本時間の23日10時20分に行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com