月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000m・田中希実が2大会連続のファイナルへ!今季ベスト15分00秒21で予選プラス通過!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子5000m予選。2組に出場した田中希実(豊田自動織機)はシーズンベストの15分00秒21で9着となり、着順通過の5着には入れず。しかし、6着以下のタイムで4番目に食い込み、プラス通過で2大会連続の決勝進出を果たした。

序盤から先頭集団の前方に位置した田中。残り600mからの激しい順位争いからは後れを取ったが、最後まで粘り抜いたことが、予選突破へとつながった。

今大会は800m、1500m、5000mの3種目に挑んでいる田中の2種目め。最初の1500mは準決勝には進んだものの、8位に入った昨年の東京五輪に続く決勝進出は果たせなかった。そこかなら中3日で臨んだレースで、前回のドーハ大会に続いてこの種目でのファイナリストとなった。

決勝は7月24日午前10時25分(日本時間)に行われる。

※決勝実施日に誤りがありましたので訂正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com