月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

上山紘輝が日本歴代9位の20秒26!初の世界で準決勝進出「しっかり勝負して楽しいレースを」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のイブニングセッションに行われた男子200m予選。1組目に登場した上山紘輝(住友電工)が圧巻の走りを見せた。

「強い選手ばかりなので積極的に」と言うようにスタートから一気に飛び出した上山。コーナーを1番に通過していくとそのままスピードは衰えず。最後はJ.ファーンバレー(リベリア)に先着を許すも2着でフィニッシュ。日本歴代9位となる20秒26(+1.0)の好走だった。

「タイムも出すことができ、着実に準決勝へ進めてうれしい」と笑顔を見せる。大会前には「自己ベストを更新する」と意気込んでいたが、初の世界陸上で予選から見事に有言実行。準決勝では「自己ベストが出たので、しっかり勝負して楽しいレースをしたいです」と語った。

社会人1年目の今季は5月の静岡国際で20秒46の自己ベストをマーク。日本選手権でも20秒46で初制覇と今季は好調ぶりを見せていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com