月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子200m・小池が新型コロナ陽性のため欠場 発熱などの症状/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

日本陸連は日本時間の19日、開催中のオレゴン世界選手権で男子200m代表の小池祐貴(住友電工)が新型コロナウイルス感染症の陽性が確認され、レースを欠場することを発表した。現地時間7月18日に発熱などの症状があったためPCR検査を実施したところ、陽性が判明したという。

また、すでに競技を終えていた男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、同400mハードルの岸本鷹幸(富士通)、役員として帯同していたマラソンの黒木純コーチも感染が発表された。岸本、黒木コーチは発熱のため実施した検査、泉谷は帰国前の検査で陽性が判明したという。

日本選手団は新型コロナワクチンを2回以上接種済み。出発時に成田空港にて抗原検査(定性)を受け陰性を確認した上で、出国している。また、出発時よりN95マスクを着用するなど、感染対策を強化していた。また、日本選手団で陽性者が続出していることから、食事に関しては、日本選手団内で選手と役員が別々の食事会場を設定し、更にそれぞれの会場内では日本選手団占有の個室を利用。宿舎に関しては、日本選手団役員専用の宿泊棟が新たに用意されたという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com