月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

松田瑞生 涙の完走「世界で結果を残せるように」日本人大会最速で入賞まであと一歩の9位/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)4日目

オレゴン世界陸上4日目のモーニングセッションに行われた女子マラソン。一山麻緒(ワコール)と新谷仁美(積水化学)が新型コロナウィルス感染のため欠場となり、松田瑞生(ダイハツ)のみの出場となった。松田は単独走が続く中で粘りを見せ、2時間23分49秒の9位。入賞にあと一歩届かなかったが、大会日本人最速記録を更新した。

スタートして早々にアフリカ勢がダッシュを見せて15人ほどの先頭集団となり、松田はその後方に陣取る。プランは考えず「展開に対応しようと思った」と松田。先頭集団はハイペースで進み、2kmすぎに離れる。その後は5kmを16分43秒と自己新に近いペースをしっかり守って前を追う。10kmは33分30秒の16位で通過した。

単独走が続くなか、松田は「すべて一人のレースだったので、抜いてもついてくる。後ろにつくとペースが下がるだけだったのでとにかく攻めて行こうと思った」。先頭は15kmを49分29秒で通過。松田は約40秒差で追いかける。20kmで13位に上がり、前の集団と11秒差につめた。ハーフはトップが3人で1時間9分01秒、松田はさらに1時間10分38秒。その後1つ順位を上げた。8位集団とは17秒差に詰まった。

棄権者や脱落者がいるなか、残り2km手前で8位の選手の後ろに追いついた松田。だが、「一つでも前に、1秒でも前にと思っていたのですが、ラストの脚が残っていませんでした」。最後は突き放されて9位でフィニッシュした。

大会前に久しぶりのボルダーでの高地合宿。「後半に崩れた部分があった」と言い、「不安がなかったと言えば嘘になりますが、覚悟を持ってスタートラインに立ちました」。それでも、「まったく歯が立たなかった。練習も含めて世界陸上。マラソンは練習ができてこそ」と振り返る。

夢に見た東京五輪に迫りながら出場できなかった松田。それでも奮起してようやくマラソンで日の丸を着けて世界の舞台に立った。「これが自分の精一杯の力。最初から最後まで全力でした。ただただ力がなかった」。ただ、調整さえできれば戦えるという実感も得た。

「世界の舞台に立てない悔しさと、世界の舞台に立つプレッシャーと責任感。どちらも経験した。一番悔しさをわかっていると思うので、これを糧に世界の舞台に戻ってきて、結果を残せるようにイチから頑張りたいと思います」

オレゴンで刻んだ涙が、また松田を一歩前へ、1秒前へと突き動かす。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com