月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初出場の110mH・石川周平は準決勝敗退「自分のレースができなかった」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子110mハードル準決勝。1組に登場した初出場の石川周平(富士通)は13秒68(-0.6)で8着となり、決勝進出はならなかった。

予選を13秒53(-0.3)の4着で突破した石川は、準決勝で「自分の走りをすること」を目指した。しかし、1台目でハードルにぶつけてしまうとリズムを崩し、本来のハードリングを発揮することができなかった。

筑波大時代のベストは13秒67。富士通に入社した2019年以降に頭角を現し、19年に13秒49、20年に13秒39、昨年は日本歴代5位の13秒37と着実に成長を続けてきた遅咲きの27歳だ。

「準決勝まで来てみて、勝負どころで自分のレースをすることが大切だと感じた。それができなかった後悔があります」と石川。それでも、「まだまだ競技人生が続くので、この舞台の経験を次に生かしたい」と前を向いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com