月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mHの黒川和樹は49秒69で準決勝6着!予選からタイム縮める/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子400mハードル準決勝。3組に出場した黒川和樹(法大)は49秒69で6着となり、決勝進出は果たせなかった。

予選は本来なら13歩で5台目までカバーする歩数戦略だったが、5台目が14歩になったことでリズムを崩し、50秒02で4着。そこから、準決勝はカーブのきつい1レーンに入りながらもタイムはしっかりと縮め、日本選手権2連覇の力を示した。

予選は東京五輪銀メダルのライ・ベンジャミン(米国)、準決勝は東京五輪で史上初の45秒台(45秒94)に突入して金メダルに輝いたカールステン・ワルホルム(ノルウェー)と世界のトップハードラーと同組となり、世界との差をしっかりと確認した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com