月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子10000m・伊藤達彦 28分57秒85の22位 中盤で後れを取るもラストまで粘り見せる /世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子10000m決勝。伊藤達彦(Honda)が出場し、28分57秒85の22位だった。

スタートから集団の後方から海外勢についていくも、4800m過ぎに後れを取って最下位に。それでも必死に前を追って2人を抜くとラスト1周付近でペースを上げてフィニッシュした。

伊藤は昨年の東京五輪でも10000mに出場。今年6月の日本選手権10000mでは2位に入り、今大会はワールドランキングによる追加選手として代表入りをしていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com