月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子10000mの田澤廉は28分24秒25で20位 学生界のエースが意地の力走/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子10000m決勝。田澤廉(駒大)は28分24秒25で20位だった。

スタート時(現地時間17日13時)の気温は30度を越える暑さ。厳しいコンディションの中、田澤は集団の後方でレースを進め、粘って食らいついていた。

しかし、先頭集団が5000mを14分01秒で通過した後にペースを上げると、田澤は徐々に後退。世界の高いレベルに及ばなかったが、箱根駅伝で花の2区を制した学生界のエースは、最後まで走り抜いた。

田澤は昨年12月に日本歴代2位の27分23秒44をマークして世界選手権の参加標準記録を突破。代表選考会となった今年5月の日本選手権では10位だったが、標準突破者が他にいなかったため、代表に選出された。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com