月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝「とってもとっても悔しい」10位!世界大会3連続入賞にあと7cm/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のイブニングセッションに行われた男子走幅跳決勝で、橋岡優輝(富士通)は3回目の7m86(+0.4)が最高で10位。トップ8進出を果たせず、8位だった前回のドーハ大会に続く入賞、6位だった昨年の東京五輪に続く世界大会3連続入賞を逃した。

3回の試技のみで終えた橋岡の第一声は「悔しい。とってもとっても悔しい」。前日の予選は2回目に8m18をマークして予選通過標準(8m15)を突破。堂々の全体トップでファイナルのピットに立った。

ドーハ、東京五輪では予選で力を使い切り、決勝で思うような跳躍ができなかった反省から、ピークを決勝に合わせることを目指して挑み、その通りに予選を「気楽にいけました」。実際、決勝でも「調子が良くて助走も悪くなかった」と言う。

それでも、1回目、2回目ともに8mを大きく超えるようなジャンプを見せながらもファウル。追い込まれた3回目は、合わせるような助走で踏み切り板に足が乗らないジャンプとなり、8位にあと7cm届かなかった。

予選の疲労は確かにあったが、「疲労がある中で身体が動く経験は初めて」と狙ったコンディションに持ち込むことはできていた。とはいえ、春先に踏み切り脚の左足首を痛めたこともあり、走幅跳はこれが今季4試合。本来であれば取り組むはずだった海外転戦もできず、実戦経験の不足を埋めきることができなかったということか。「1つの試合で予選、決勝をすることに慣れていなかった」とも話す。

2018年U20世界選手権で金メダルに輝き、シニアの世界大会でも連続入賞と、大舞台で力を発揮してきた。だが、3月の世界室内選手権では3回ファイルで記録なし、そして今回と続けて悔しさを味わっている。まだ23歳の橋岡にとって、雪辱の舞台はこの先にいくつもあるとはいえ、ケガなどが続いて本来のジャンプを継続して出し切れていないことも確か。予選から決勝へパフォーマンスを上げていく世界トップジャンパーたちに並び、追い越すために、米国での経験をさらなる飛躍への糧へとするしかない。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com