月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH・黒川和樹 50秒02の4着で準決勝進出!持ち味の前半から飛ばす/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子400mハードル予選。1組に入った黒川和樹が50秒02の4着で準決勝進出を決めた。

得意の前半から飛ばすと、2019年のドーハ大会、東京五輪銀メダリストのライ・ベンジャミン(米国)より前に出る場面も。課題としている後半はややスピードを落とすも4着を死守した。

昨年は初の世界大会として東京五輪に出場するも緊張から普段通りの走りができず予選敗退。今季は世界選手権の参加標準記録を突破して日本選手権連覇を果たし代表入りを果たした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com