月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子10000mは世界記録保持者のギデイが悲願の金!壮絶なスパート合戦制す/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた女子10000mは世界記録保持者のレテセンベト・ギデイ(エチオピア)が30分09秒94の今季世界最高記録で初の世界選手権優勝を果たした。

廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が1000mを3分04秒ペースで引っ張ったレースは、8000m手前から徐々にペースアップ。昨年、29分01秒03の世界記録を樹立しているギデイは、常に4~5番手のポジションにつけ、仕掛けどころを探っていた。

終盤まで9人が先頭集団を形成する中、ラスト1周を告げる鐘が鳴ると、ギデイが一気にギアを入れ替えて先頭に立ち、ヘレン・オビリ、マーガレット・キプケンボイのケニア勢、東京五輪金のシファン・ハッサン(オランダ)を追い上げを振り切っってフィニッシュした。

■女子10000m上位成績
1位 レテセンベト・ギデイ(エチオピア)    30分09秒94
2位 ヘレン・オビリ(ケニア)         30分10秒02
3位 マーガレット・キプケンボイ(ケニア)   30分10秒07
4位 シファン・ハッサン(オランダ)      30分10秒56
5位 ラエル・ダニエル(エリトリア)      30分12秒15
6位 エジガエフ・タイェ(エチオピア)     30分12秒45
7位 カロライン・キプチルチル(カザフスタン) 30分17秒64
8位 ボセナ・ムラティエ(エチオピア)     30分17秒77
12位 廣中璃梨佳(日本郵政グループ)      30分39秒71=日本歴代2位
19位 五島莉乃(資生堂)            32分08秒68

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com