月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

泉谷駿介が110mH予選で3着通過も内容に不満「もう少し攻められた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子110mハードル予選。最終5組に出場した泉谷駿介(順大)は13秒56(+0.4)で3着に入り、準決勝(日本時間18日9時5分)に駒を進めた。

今季世界でただ1人の12秒台(12秒84)をマークしているデボン・アレン(米国)と走ることになり、「ランキングトップがいたのでついていこうと思った」と泉谷。ただ、ウォーミングアップでは「良かった」と言うハードリングが今一つだった。「もう少し攻められたし、起きにいった」と振り返る。予選を通過したが内容には不満で、13秒56は「自分としては良くないタイム」と話した。

昨年の日本選手権で13秒06の驚異的な日本記録をマーク。東京五輪では準決勝に進出したものの、0.03秒差で決勝に届かなかった。それだけにオレゴンではファイナルを狙う。「準決勝はレベルも上がるので難しくなる」。翌日の大一番で、どんなレースを見せるか。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com