月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ファイデクが男子ハンマー投で前人未踏の5連覇! 東京五輪金のノヴィツキが2位でポーランド勢がワンツー/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子ハンマー投。世界選手権4連覇中のパヴェウ・ファイデク(ポーランド)が今季世界最高の81m98を投げ、連勝記録を「5」に伸ばした。

大会前からファイデクと東京五輪金メダリストのボイチェフ・ノヴィツキ(ポーランド)との一騎打ちが予想されていた同種目。1投目はともに70m台中盤と静かな立ち上がりとなった。

試合が動いたのは2投目から。ノヴィツキが80m07と80m台に乗せると、ファイデクも80m58と応戦。続く3投目でノヴィツキが81m03でトップに立ったが、ファイデクが優勝を決める81m98で再逆転した。

世界選手権の個人5連覇は、男子棒高跳のセルゲイ・ブブカ(ソ連/ウクライナ)の6連覇(第1回~第6回)に次ぐ、歴代2位の偉業。昨年、優勝候補に挙げられた東京五輪で、銅メダルに終わった雪辱を果たした。

また、東京五輪銀のエイヴィンド・ヘンリクセン (ノルウェー)が80m87で3位に入り、メダリストの顔ぶれは2年連続で同じ3人となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com