月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

予選突破の男子110mH・石川周平 「嬉しさ半分、驚き半分。準決勝で自己新を目指す」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子110mH予選。3組に出場した石川周平(富士通)は13秒53(-0.3)で4着となり準決勝進出を決めた。

全米チャンピオンのダニエル・ロバーツ(米国)や東京五輪6位のアシエル・マルティネス(スペイン)と同組となった石川は、1台目のハードルに脚をぶつけて倒して出遅れたものの、中盤以降はスピードに乗りトップのマルティネスから0.16秒差でフィニッシュした。

隣のレーンを走っていたロバーツが転倒したこともあり、「着順で通過できてひと安心」と胸をなで下ろしたが、13秒53は記録上位のプラスでも通過できるタイム。初出場ながら、堂々の予選突破だった。

石川は世界選手権の参加標準記録は突破できなかったものの、世界ランキングで上位に入り出場権を掴んだ。「日本選手権のあと連戦をこなし、その後に休んでいい状態に持ってこられた。ギリギリでの世界陸上出場だったので、(準決勝進出は)嬉しさ半分、驚き半分。次は自己ベストを目指したい」と明日の準決勝に向けて、決意を新たにした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com