月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子110mH日本記録保持者の泉谷駿介が予選3着通過で準決勝へ!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた男子110mH予選。最終5組に出場した日本記録(13秒06)保持者の泉谷駿介(住友電工)は13秒56(+0.4)で3着に入り、準決勝進出を果たした。

スタート直後から今季12秒84をマークしているデボン・アレン(米国)らに先行される展開となったが、13秒47で1着のアレン、13秒52で2着フィニッシュしたミラン・トラジョコヴィチ(キプロス)に続いて入線した。

準決勝は日本時間の18日午前9時05分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com