月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

圧巻の9秒98!サニブラウンが100m3大会連続準決勝へ「準決勝が正念場。全力で走りたい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子100mでサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が圧巻の走りを見せた。

リアクションタイムは0.112秒。「とりあえずピストル(の音)に反応する」。これまで課題だったスタートの反応、そしてそこからの加速で他を圧倒した。自身4度目の世界陸上で3度目の100m。サニブラウンは力強くしなやかな走りで前半から抜け出すと「40mから60mまで良い感じ」に走り抜ける。

後半は「速いトラックで少し浮いてしまった。もう少し(脚を)回せれば良かった」と身体をコントロールできなかったが、最後はやや流すようにフィニッシュすると、9秒98(-0.3)をマーク。「タイムはあまり気にしていなかった」と振り返るが、自身3度目、世界選手権・五輪を通じて日本初の9秒台を叩き出して、堂々の1着通過を果たした。

「やっと戻ってきたな」。2020年からヘルニアによる腰痛に悩まされ、昨年の東京五輪は200mで不完全燃焼の予選敗退。今季は100mに専念して合わせてきた。日本選手権でも準決勝で10秒04をマークすると、決勝もしっかりと走り切って優勝。「久しぶりに万全の状態で臨める世界大会。このまま1レース、1レース楽しめれば」。

明日は準決勝(日本時間17日午前10時)、決勝(同11時50分)が控える。過去2大会では100mで苦い思いをしてきた。17年ロンドンではスタート直後にバランスを崩し、19年ドーハは号砲が聞こえづらく出遅れ。「準決勝が正念場だと思う」。これまで不完全燃焼だからこそ、100m準決勝は「全力で走りたい。今日以上のパフォーマンスをしたいです」。

世界陸上で一躍世界から注目を集めるライジングスターになったサニブラウン。いよいよその世界陸上で世界のトップスプリンターの仲間入りを果たす時が来た。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com